関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

170.高槻の林道を旧友とポタリング①

 8月5日の金曜日、3年ぶりに自転車仲間(私を含めて4人の高齢者集団)で高槻の林道をポタリングした。

 曇り空で涼しかった。

 コロナワクチンは4回摂取で、かつ屋外なのでコロナは安心だ。

 

 今回はスタート地点の緑三角印から、①までをブログアップする。

ポタリング・マップ)

 塚脇弓道場前の駐車場に集合したが、ほとんどが月極で時間貸しは数台と少なかった。

 ここには、sigeさんとmasaさんと私が停めた。

 tadaさんが来たが停められず、摂津峡駐車場(少し高い)に停めてもらった。

(塚脇弓道場前駐車場)

 摂津峡駐車場は少し高いのか、時間が早いのか、ガラガラだった。

 左がmasaさんで、右がtadaさん。

(摂津峡駐車場)

 全員揃ったところで、名勝摂津峡の前で記念撮影をした。

 3年ぶりだが、全員同じように年を重ねているので、3年間の老化状況がわからない。

(tadaさん、masaさん、sigeさん)

 摂津峡に向かうが、初めの登りは「積もる話」をしながら押し歩く。

(話しながらの押し歩き)

 自転車の登りは、高齢者の足にはキツイ。

 私は電動自転車なのでスイスイだ。

 しかし、足のトレーニングには、少し物足りない。

 

 少し登っていくと、摂津峡の案内板がある。

 これから、バックの山の中に入って行く。

(摂津峡の案内板)

 少し登っていくと、芥川に降りるところがあったので行ってみた。

 家族連れがいて、子供が楽しそうに遊んでいた。

 最近の雨で、水は濁っていた。

 

 摂津峡花の里温泉を過ぎて、さらに上に行き渓谷をビデオに撮った。

 大きな石がゴロゴロしているし、なかなか良い自然の雰囲気だ。

 ここは水がきれいだ。

 

 道が細くなるので、注意して自転車に乗る。

 

 ここで道が二手に分かれる。

 左が白滝に行くハイキング道で、私は前回白滝まで行った。

 右は上の口に行く道で、今回はこの道を行く。

 グーグルマップでは、200mほどで一般道に出るようになっている。

(分かれ道)

 別れでは、白滝から流れてくる水の音が涼し気だ。

 摂津峡にはごつい岩が多い。

 

 水辺にきれいな花が咲いていた。

(名前不明)

 別れを右に行き、上の口を目指すが、石の階段がどんと道を塞いでいる。

 この階段を、電動自転車を持ち上げるのは大変だ。

(石の階段)

 石の階段を過ぎたら、夫婦岩があった。

 説明板には「2つの巨岩が寄り添い、真ん中を滝のように水が流れている」と書いてある。

夫婦岩

 拡大してじっくりと見ると、いろいろと思いつき、想像は尽きない。

 ・遠くもなく近くもない適当な距離がある

 ・水(時代の流れ)をなんともなく迎え入れている

 ・流れが岩を常に分断しているが2つの岩が遠ざかることはない

 ・大きな母なる岩から割れて転がって来てうまく鎮座している

夫婦岩拡大)