関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

167.武庫川から福知山線の廃線跡をポタリング④(福知山線廃線跡途中〜駐車場)

 今日7月10日は、梅雨明けしたにもかかわらず曇りの予報だ。

 日差しがなく絶好のポタリング日よりなので、武庫川を走って福知山線廃線跡を見に行った。

 

 今回は、廃線跡途中の⑳~駐車場㉗までをブログアップする。

ポタリング・マップ)

 この第2武庫川橋梁で、武庫川を越えて右岸に行く。

(第2武庫川橋梁)

 ぐるっとビデオ撮影した。

 この地形から考えて、橋梁資材の運搬や工事は非常に困難だったと想像する。

 

(橋梁を渡ったところから振り返る)

 武庫川の豪快な流れをビデオに撮った。

 

 トンネルを、自転車を押して歩くことに慣れてきた。

 西宮名塩駅生瀬駅から来た、何人かのハイカーとすれ違った。(安心のひととき)

 彼らは武田尾駅まで歩いて、電車で帰るのだろう。

 出口の明かりで、枕木がはっきりと見える。

(トンネル出口)

 この構造物の意味がわからなかった。

 トンネルでもないし、落石よけでもなさそうだし…

(目的不明の構造物)

 このトンネルには、枕木が見えない。

(砂利のトンネル)

 またまた、真っ暗なトンネルにやって来た。

 暗闇に対する怖さは無くなっていた。

 左上の山肌を見ると、大きな岩石だ。

 こんなごつい岩の山にトンネルを作ったのか、すごい!

(真っ暗なトンネル) 

 入る時は真っ暗でも、いずれ明るい出口に来る。

(トンネル出口)

 いくつかのトンネルと橋梁を越えて、中国自動車道が見えるところに来た。

 廃線跡はもうすぐ終わりだ。

中国自動車道

 武庫川に沿って建つ住宅、中国自動車道をビデオに撮った。

 武庫川は、ごつい岩ばかりだ。

 

 ここからは枕木がないため、自転車に乗って走ることが出来た。

 

 右が一般道で、廃線跡へは左に下りていく。

廃線跡は左へ行く)

 すぐに国道176号戦に出る。

 福知山線廃線跡への表示だ。

国道176号線

 ここからは国道176号線を走る以外にないが、歩道は右に見える細い道だ。

国道176号線は車が多い)

 少し走ってから旧国道176号線に入り、朝走った生瀬橋東詰に来た。

 朝は、左側の福知山線の高架をくぐり、十万道路を走った。

(生瀬橋東詰)

 旧176号線から別れ、細い兵庫県道337号線(生瀬門戸荘線)を走ることにした。

 橋の上からビデオを撮ったが、この道は有馬街道だ。

 

 兵庫県道337号線を、武庫川の右岸に沿って下ると、宝塚市内のビルが見えてくる。

兵庫県道337号線から武庫川を写す)

 兵庫県道337号線をどんどんと下ると、駐車場はもうじきだ。

 

 途中のコンビニで、パンを買って食べて、駐車場に到着した。

(駐車場)