関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

164.武庫川から福知山線の廃線跡をポタリング①(駐車場〜中国自動車道)

 今日7月10日は、梅雨明けしたにもかかわらず曇りの予報だ。

 日差しがなく絶好のポタリング日和なので、武庫川を走って福知山線廃線跡を見に行った。

 

 今回は、駐車場①(㉗の下が①)から、中国自動車道が見える⑤までブログアップする。

ポタリング・マップ)

 宝塚市役所のそばにある、宝塚末広公園の駐車場に車を停めて、積んで来た電動自転車をセットした。

 絶好の曇り空で、自転車で走ると涼しそうだ。

(宝塚末広公園の駐車場)

 駐車場は武庫川に面していて、河川敷ではジョギングをする人やのんびりと散歩する人がいた。

武庫川の河川敷)

 武庫川の向こうに、ジオタワー宝塚の高層マンション2棟が見える。

(高層マンション)

 武庫川に沿った公園の道を、北西に向かってポタリングする。

 

 逆瀬川(手前)が、武庫川(奥)に合流している。

(手前が逆瀬川

 逆瀬川を合流地点からビデオ撮影したが、水はほとんど流れていなかった。

 

 逆瀬川の上流に向かって、写真を撮った。

 川の両サイドは住宅街だ。

 右の道は明石神戸宝塚線で、宝塚ゴルフ倶楽部、西宮カントリー倶楽部はここららすぐだ。

逆瀬川

 左の茶色屋根の建物は宝塚大劇場で、右側の茶色屋根は宝塚音楽学院だ。

 高層のビルの名前はわからない。

宝塚大劇場と宝塚音楽学院)

 きれいな宝来橋を渡り、武庫川の左岸に行く。

(宝来橋)

 宝来橋の途中から、これから向かう武庫川の上流を写真に撮った。

武庫川の上流)

 武庫川の左岸に沿ってポタリングするが、川の景色を見れるところは少ない。

 駐車場の中に入って写真を撮った。

 右下に茶色の舗装の小道は見えるが、下りるところが見つからなかった。

 グーグルマップで調べると、数百メートルの長さの「宝塚3637号線」になっている。

武庫川右岸の景色)

 生瀬橋東詰に来た。

 左上に行く道は、国道176号線だ。

 前方の高架歩道には、自転車で上がれるスロープがあるので、上に上がって景色を見ることにした。

(生瀬橋東詰)

 高架歩道の上から、武庫川下流の南⇒西⇒北⇒東にぐるっとビデオ撮影した。

 途中で声が入っているのは、歩行者の方がビデオ撮影に気を使っていただき、横切るのを待ってくれたためだ。

 

 このスロープを降りて、武庫川から離れるが、兵庫県道33号塩瀬宝塚線(十万道路)を走ることにした。

 見えているのは、新しい国道176号線だ。

 帰りは、福知山線廃線跡を見て、武庫川に沿って走って来よう。

(新国道176号線

 これから走る十万道路に沿った細い川だが、ポタリングが気持ち良さそうだ。

(十万道路に沿った川)

 少し走ると、福知山線の線路に上る道があった。

 手前の線路は廃線のようだ。

福知山線

 十万道路を走っているが、道が狭くて歩道がないため、追い越していく車が怖かった。

中国自動車道

 中国自動車道の管理道路だろうか、脇道があったので入って行った。

 自動車道をビデオに撮ったが、こんなすごいインフラを作ったものだと感じた。