関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

162.芥川を摂津峡までポタリング②(阿久刀神社〜白滝手前)

 梅雨明けの7月1日(金)に、茨木から高槻にかけて、芥川が淀川へ合流するところから摂津峡までポタリングした。

 朝8時半に家を出たときには、車での外気温表示は32度と異常に暑かった。

 

 今回は阿久刀神社⑨から、摂津峡の白滝手前⑬までをブログアップする。

ポタリング・マップ)

 芥川の名前の由来となった阿久刀神社を見た後、芥川の右岸を少しポタリングして左岸に戻った。

(阿久刀神社)

 少し北に走ると、名神高速道路がある。

名神高速道路)

 名神高速道路の手前の橋を右へ渡り、芥川の左岸をポタリングする。

 徐々に、ポタリングに似合う風景になって来た。

 

 青い空と緑の木々と橋、そして芥川が似合う風景だ。

(絵になる風景)

 左手に、あくあぴあ芥川(高槻市立自然博物館)が見える。

(あくあぴあ芥川)

 この塚脇橋で芥川を渡り、摂津峡に向かう。

 道の名は、摂津峡大通りだ。

(塚脇橋)

 塚脇橋から、芥川の上流に向かって写真を撮る。

 これから自転車で走る心をそそる。

(芥川の上流)

 塚脇橋を渡り、すぐ左に行くと摂津峡公園だ。

(摂津峡公園)

 公園は37.2ヘクタールと広大で、昭和13年大阪府の「名勝」に指定されている。

(摂津峡公園の説明板)

 摂津峡には手頃なハイキングコースがあり、途中で数名のハイカーに会った。

 このコースは10年ほど前に、仲間数人とマウンテンバイクで走った。

(摂津峡の説明板)

 山道のハイキングコースを、電動自転車で楽に上る。

 左の斜面には、落石防止のネットが張ってある。

 ヘルメットではなく普通の帽子なので、少し心配になった。

 

 川べりにおりて、大きな岩と芥川をビデオに収めた。

 水量は少ないようだ。

 

 芥川を右に見て、ハイキング道のポタリングを続ける。

(芥川とハイキング道)

 白滝方向と、上の口方向への別れに来た。

 上の口方向に進めば一般道に出るので、左方向の白滝方向に行く。

(道の別れ)

ウオーキング・コースマップ)

 白滝方向に進むと、渓流を流れる水の音が涼しくて暑さを忘れる。

 この道なら自転車に乗れる。(と思ったが…)