関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

157.紀州街道をポタリング⑥(箱作海水浴場〜和歌山京橋)

 6月4日(土)〜5日(日)に天候を見計らって、紀州街道ポタリングした。

 

 今回は箱作海水浴場⑯から、紀州街道終点の和歌山京橋㊵までをブログアップする。(○数字の間は1km)

ポタリング・マップ)

 箱作海水浴場の隣にある、せんなん里海公園だ。

(せんなん里海公園)

 ぐるっとビデオ撮影した。

 日曜日だが、海開きをしていないので人は少ない。

 2022年は残念ながら、コロナ禍のために営業中止らしい。(海水浴場)

 

 南に行けば、マリンロッジ海風館、大阪府立青少年海洋センター、ヨットハウスがある。

(案内表示板)

 南を向いて写真を撮ったが、茶色と黒の建物が大阪府立青少年海洋センターのようだ。

(南を向いた写真)

大阪府立青少年海洋センター)

 入り口に案内板がある。

(案内板)

 大阪府立青少年海洋センターの海辺で、子どもたちがボートに乗って練習していた。

 奥に見えるのは、淡輪ヨットハーバーだ。

 

 その300m先に、淡輪漁港がある。

(淡輪漁港)

 漁港のすぐそばに流れ込む、番川にかかる古田橋。

(古田橋)

 1kmで、南海みさき公園駅だ。

(南海みさき公園駅

 駅のすぐ北が、みさき公園だ。

(駐車場

 みさき公園の向かいにガソリンスタンドがあったので、ガソリン価格を写真に撮った。

 この時は、大阪市内の価格とそんなに変わらない。

(ガソリン価格)

 みさき公園に隣接する大阪ゴルフクラブで、一度はプレイしてみたい。

 海に面しているので、風が強い時は難しそうだ。

(大阪ゴルフクラブ

 ここで752号線は、深日港に行く65号線が右に分かれる。

(752号線)

 紀州街道の終点和歌山を目指すが、道は前に見える山を越える。

(和歌山まで12km)

 752号線から細い横道にそれるが、すぐにもとの752号線に戻ってしまう。

(左は孝子駅方向)

 なるべく752号線を避けて脇道を走る。

 道は南海本線と並行している。

 

 また752号線に出て、山越えをする。

 眼下に、古そうなレンガ造りのレトロなトンネルがあったので、写真を撮った。

(歴史のあるトンネル)

 坂の最後で、孝子峠だ。

 電動式自転車ではないので、頑張ってペダルを踏む!

 

 標高100mの孝子峠だ。(100mの高さだが疲れた!)

(孝子峠)

 ここからは下りでスピードは出るが、歩道がないので後から来る車が怖い。

 車の一団が通り過ぎたあとから、走り出す。

 

 坂を降りると、南海電車和歌山大学前駅だ。

 大学前駅ということは、大学は少し先にあるのだろう。

和歌山大学前駅

 駅から1kmほど先に、和歌山大学がある。

和歌山大学入口)

 河口近くなので、数百mはありそうな、広〜い紀ノ川に来た。

 この川を渡れば、終点は近い。

(紀ノ川)

 752号線から少し離れた所にある、人専用の橋を渡った。

 それにしても長かった。

 

 紀ノ川を渡り、紀州街道に入る。

 

 すぐに和歌山城だ。

和歌山城

 和歌山城の近くの京橋で、紀州街道の終点(始点?)だ。

(京橋)

(一堀川の上が京橋)