関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

142.鴨川をポタリング⑤(二条大橋〜横大路貴船の駐車場)

 4月28日(木)は朝から大変暖かく、鴨川を桂川への合流地点(緑三角印)から鴨川公園までの往復ポタリングをした。

 平日だが、天気が良くて京都の観光客は多かった。

 

 今回は、二条大橋(④の手前)から、朝に車を停めた横大路貴船の駐車場⑥までをブログアップする。

ポタリング・マップ)

 鴨川公園を折り返し、南へ二条大橋までポタリングして来た。

 鴨川にかかる京都の橋は、大半が整備されていてとても近代的だが、昔を偲ぶ面影は少ない。

(二条大橋)

 白河放水路〜歩道〜鴨川を、ビデオ撮影する。

 この下を京阪本線の電車が走っているなんて、とても考えられない。

 

 左の一般道は川端通だが、歩道も含めて綺麗に整備されている。

 自転車はたいへん走りやすい。

 

 川端通りと御池通りの交差点で、赤信号で止まった。

 左に古風な建物が見えたが、帰って調べると賃貸マンションだった。

川端通りと御池通りの交差点)

 川端通りから御池通りを、ぐるっとビデオ撮影する。

 

 御池通りは、川端通りより広い。

御池通り) 

 御池通りから南へ200m行くと、東西は三条通りで、地下鉄東西線三条駅がある。

 そして駅伝発祥の地のモニュメント、「駅伝の歴史はここに始まる」があった。

(駅伝発祥の地)

 日本最初の駅伝は、ここ三条大橋から東京上野不忍池までだったらしい。

(説明書き)

 ここが、東海道五十三次の西の起点にあたる。

 大阪が西の起点と思っていた。

三条大橋の説明書き)

 一般道路から河川敷に下りて、気楽に走ることにした。

 と言っても、人は適当に多い。

 

 下流に向かって下りのため、楽に気持ち良くポタリングする。

 同じ道であっても、行きの景色と帰りの景色は異なる。

 

 早くも、JR湖西線の線路まで戻って来た。

 来る時は、右斜め上の尾形町公園から電車をビデオ撮影した。

 新幹線(の天井)が、ゆっくりと京都駅に向かって進んでいるのが見える。

 

 すぐに、JR奈良線の線路がある。

JR奈良線

 永遠に続く水の流れを、心穏やかに楽しんだ。

 

 京都駅から来た、JR奈良線の電車が通り過ぎた。

 

 細い気持ちの良さそうな小道を、鴨川を見ながら走った。

 そして一般道に出る。

 

 やはり、河川敷の道の方が楽しいので、下りるところを探した。

(鴨川)

 河川敷に下りる道は、なかなか見つからない。

(鴨川)

 やっと河川敷に下りる道が見つかり、ホッとした。

 ここまで来ると、人はあまりいない。

 

 名神高速道路の手前で、北〜西〜南をぐるっとビデオ撮影した。

 

名神高速道路)

 名神高速道路の下をくぐり、ポタリングを続ける。

 

 歩行者・自転車専用道に出て、鴨川の左岸を淀川に向かって快適に下る。

 そろそろ鴨川も終点だ。

 

 来る時に見た、鴨川改修工事の現場だ。

 青いユンボは、河川敷に上がっていた。

(鴨川改修工事)

 鴨川と西高瀬川の合流地点、右の木が茂った中洲の付近を通過する。

 

 右の三角部分が合流地点で、前に見える橋は羽束師橋だ。

 羽束師橋を左に行くと、車を停めた駐車場に着く。

(鴨川)

 しっかりと遊んで、駐車場に到着した。

 楽しい1日だった。

(朝に車を停めた駐車場)