関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

129.桂川をお花見ポタリング③(新川排水樋門から嵐山)

 今回は、新川排水樋門(②と③の中間)から、嵐山④までをブログアップする。

f:id:knakata:20220410133530j:plain

ポタリング・マップ)

 河川が合流するところには、ほとんど逆流防止用の樋門がある。

 新川排水樋門から嵐山に向けて、ポタリングする。

f:id:knakata:20220410133542j:plain

新川排水樋門

 河川敷の舗装されていない道を走る。

 土手の舗装された道は車の通行で、狭いこともあり危険だ。

 桂川の右岸の河川敷は大きな畑が多い。

 国の許可を得ているとは思うが、大雨で水に浸かったときの対応は出来ているのだろうか?

 濁流ですべてが下流に流され、下流で被害が出る事が考えられるが。

 

 前方に見えるのは東海道新幹線と、その向こうにJR京都線だ。

 京都から大阪方向に、新幹線と京都線が通過した。

 散歩する人達に向けた桂川の生き物たちの説明板だ。

 自転車で走っていると、先に追われてじっくりと読む気はしない。(あまり興味がないためだろう)

f:id:knakata:20220413142240j:plain

説明板

 砂利道はパンクが心配なので、舗装された道に戻った。

 パンク修理のキットは持っているが、肝心の空気入れを持っていないのに気がついた。

 街ブラのときは、パンクすれば押して車に戻ればよいと思い、あまり気にしていなかった。(自転車屋さんも見つかるかもしれない)

 しかし、ここでは無理だ。

 京奈和自転車道の標識があるが、奈良を通って和歌山までサイクルロードが続いている。

 ネットで見ると総延長180kmとあり、のんびりと走れば2泊3日のコースで面白そうだ。

f:id:knakata:20220413142303j:plain

京奈和自転車道の標識
 のんびりと土手の道をポタリングする。
 前に見えて来たのは阪急京都線だ。
 地図で見ると、すぐこの左に桂離宮があった。(見ても良かった)

 

 この道は桂川西踏切道で、阪急電車をビデオを撮影することにした。

f:id:knakata:20220410133643j:plain

阪急京都線の踏切
 京都方向に行く阪急電車だ。

 

f:id:knakata:20220410133702j:plain

電車が通った線路

 阪急の踏切を超えたあと河川敷の舗装された道に入り、9号線の下をくぐる。

 

 桂川は右手を(写真の)上下に流れていて、ここで西芳寺川が桂川流入する。

 右に見える桜が、これから見る桜の美しさを予感させる。

f:id:knakata:20220410133734j:plain

西芳寺川が桂川流入する

 京奈和自転車道の説明地図だが、こんなのを見ると走ってみたくなる。

f:id:knakata:20220410133747j:plain

説明板
 見事な桜並木だ。

 

 ここも見事な桜並木だ。

 

 嵐山の渡月橋はすぐそこだ。

f:id:knakata:20220410133802j:plain

京奈和自転車道の起点

f:id:knakata:20220410133816j:plain

拡大

 この中之島橋を渡れば、嵐山公園中ノ島地区だ。

 腹が減ってきたので、何か食べよう!

f:id:knakata:20220410133827j:plain

中ノ島橋