関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

126.大阪の木津川・尻無川をポタリング④(落合上渡船場〜駐車場)

 今回は、⑫落合上渡船場から、⑲駐車場までをアップする。

f:id:knakata:20220410095521j:plain

ポタリング・マップ

 落合上渡船場で船の旅(?)を満喫してから、東へ300m走り、南海汐見橋線踏切で電車のビデオを撮ることにした。

f:id:knakata:20220410095538j:plain

落合上渡船場(東側)

 南海電車のビデオを撮るのは初めてだ。

f:id:knakata:20220410095750j:plain

南海汐見橋線踏切 木津川2号

 休日で本数が少ないためか、しばらく待った。
 JRは阪急電車に比べたら、本数は少ないだろう。

 

 南海電車を見たあと、木津川に戻り、水門に行った。

f:id:knakata:20220410101552j:plain

木津川水門

  北に1km行くと、阪神高速17号西大阪線が見えてきた。

  この高架も、脇道を自転車で走れそうだ。

 

 ここが入り口(上り口)のようだ。

f:id:knakata:20220410101638j:plain

高架脇道の上り口

 誰にも会わなかったが、高齢者や女性一人では通るのは危険なようだ。(特に夜)

 

f:id:knakata:20220410101113j:plain

高架の脇道から南を写す(木津川水門が見える)

 高架の脇道で木津川を超え、川の西沿いをポタリングした。

 前に見えるのは大浪橋(おおなみばし)で、この橋の下は通れない。

 大浪橋の名前は、大正区の「大」と浪速区の「浪」からつけられたらしい。

f:id:knakata:20220410101247j:plain

大浪橋

 左に曲がって、大浪橋の西に出た。

 休日は車が少なくて自転車は走りやすい。

f:id:knakata:20220410101752j:plain

大浪橋の西側

 大浪橋を渡って、東側に来た。

f:id:knakata:20220410101807j:plain

大浪橋の東側

 北を見ると環状線の線路が見えるが、その上に真っ黒な雲が私を待ち受けている。

 駐車場は、あの雲の下だ。 

f:id:knakata:20220410101827j:plain

環状線の線路と真っ黒な雲

 昔、この近くに「渡し」があったようだ。

f:id:knakata:20220410101846j:plain

渡しの石碑

 さらに「大地震両川口」の石碑が建っている。

f:id:knakata:20220410101938j:plain

地震両川口の石碑

 説明文によると、今から170年ほど前に大地震があり、三重や奈良で多数亡くなったようだ。

 そして、安治川や木津川には大きな津波があり、大きな被害が出たと記されている。

 そろそろ南海トラフの大地震があるような気がしてならないが、かなりの対策は出来ているだろう。

f:id:knakata:20220410101952j:plain

説明板

 帰りは、木津川の左岸を走った。

 木津川を挟んで、大阪ドームが見える。

f:id:knakata:20220410102008j:plain

木津川と大阪ドーム

 道頓堀川と水門が見える。

 水門は変わったデザインだ。

f:id:knakata:20220410102021j:plain

道頓堀川と水門

f:id:knakata:20220410102034j:plain

水門の工事中看板

 木津川の左岸は、建物に拒まれて、自転車で走るのが困難だったので、右岸に戻って朝に来た道を戻った。

 

 雨粒がポツポツは来たものの、大きな雨に降られることなく駐車場に戻って来た。

 自転車のポタリングは天気次第で、今日は雨に降られず無事に戻れてやれやれだった。

f:id:knakata:20220410102104j:plain

駐車場