関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

117.安治川沿いをポタリング①(安治川起点〜安治川水門)

 先日は堂島川土佐堀川が大川から分かれる中之島公園から西へ、堂島川土佐堀川が交わる安治川付近までを往復した。

 今日は安治川のスタートから河口までを、往復ポタリングすることにした。

 

 緑の三角印は駐車場で、①⇒②⇒③・・・と1kmの間隔の距離表示になっている。

 ガーミンのセットを「バイク/自転車」にすれば5km間隔の表示になり、「ウオーキング」にすると1km間隔の表示になる。

 この日は26kmを自転車で走ったことになる。

f:id:knakata:20220322111305j:plain

ポタリング・マップ)

 大きなビル(中之島センタービル)の横の、小さな駐車場に車を停めた。

 最初停めようとしていた安治川そばの駐車場は、休日にもかかわらず安いためか満杯だった。

f:id:knakata:20220322111435j:plain

(駐車場)

 駐車場の道路を挟んで、土佐堀川が流れている。

f:id:knakata:20220322111508j:plain

土佐堀川

 中之島通りの向こうに、大阪中央卸売市場が見える。

f:id:knakata:20220322111532j:plain

土佐堀通

f:id:knakata:20220322111547j:plain

(大阪中央卸売市場)

 大阪中央卸売場の向かいは中之島ゲートパークで、BBQやクルーズ付きプランが楽しめる。

f:id:knakata:20220322111611j:plain

中之島ゲートパーク)

 安治川の右岸の、きれいに舗装された道をポタリングする。

 

 冬の気圧配置で北風が強く、安治川の波が高い。

f:id:knakata:20220322111642j:plain

(冬空)

 静止画だけでは風の強さがわかりにくいので、安治川の波を動画で撮った。

 

 中央卸売市場のトラックに荷物を積載するエリアを走った。

 休日のため、作業はしていなかった。

 

 中央卸売場から600mで、阪神なんば線が安治川を越えている。

f:id:knakata:20220322111743j:plain

阪神なんば線

 ちょうど西九条駅から電車が走って来たので、ビデオに撮った。

 

 阪神なんば線の高架のすぐ横に、安治川トンネル・エレベータの乗り口がある。

f:id:knakata:20220322111908j:plain

安治川トンネル・エレベータ建物)

f:id:knakata:20220322111930j:plain

(乗り口)

f:id:knakata:20220322111947j:plain

(エレベターで地下に下りて出た所)

 地下に下りてから、反対側に地下道(80m)を自転車を押しながら進んでいく。

 この上は安治川だ。

 

 安治川トンネルの南側の建物だ。

 グーグルマップには、安治川隧道(1944年完成)と書いてある。

f:id:knakata:20220322112035j:plain

(南側のエレベーター建物)

 目の前は大阪環状線の高架だ。

f:id:knakata:20220322112057j:plain

大阪環状線

 環状線は本数が多いため、ビデオを撮ろうとしたら、西九条駅の方からすぐに走って来た。

 

 環状線から800mで、国道43号線と、その先に安治川水門が見えて来た。

 

 アーチ型の安治川水門で、高潮や津波から大阪市内を守っている。

 こんな形の水門は初めて見た。

f:id:knakata:20220322112140j:plain

(安治川水門)

 ネットで、この水門が試験運転されているビデオがあったので、引用掲載する。(奥が大阪湾だ)

(試験運転)