関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

104.淀川にかかる橋と鉄道⑭(背割堤地区〜樟葉ゴルフリンクス)

 桂川宇治川、木津川が合流している「背割堤地区」で、展望台に登ったりして楽しんだ。

 水害対策で、木津川の堤防の「背」を割る形で宇治川の流路が付け加えられたらしい。

 御幸橋を「みゆきばし」と読んでいたけれど、「ごこうばし」とは知らなかった。

 欄干に「ごかうばし」と書いてある。

f:id:knakata:20220214172345j:plain

(さくらであい館)

 大きな駐車場があるので、暖かくなったらここまで車で来て、自転車で桂川宇治川、木津川を遡ってみたい。

f:id:knakata:20220214172403j:plain

(さくらであい館の駐車場)

 展望台に登り、南⇒西⇒北をビデオ撮影する。

 

 続いて、北⇒東⇒南をビデオ撮影する。

 コロナのためか、誰も登っていなかった。

 

 腹が減ったので、さくらであい館の自動販売機でパン2個ととうもろこしジュースを買って、周囲の景色を楽しみながら食べた。

f:id:knakata:20220214172438j:plain

(今日の昼飯)

f:id:knakata:20220214172446j:plain

(立派な欄干/ごかうばし)

f:id:knakata:20220214172455j:plain

(立派な欄干/ごかうばし)

 御幸橋で木津川を渡って、石清水八幡宮へ向かう。

 宇治川を渡って来たのも御幸橋だ。

 右に曲がっても石清水八幡宮に行けるので、右に曲がったが、大きく遠回りしてしまった。(道に迷うのも楽しい!)

f:id:knakata:20220214172511j:plain

(標識)

 どこかで左の府道13号線を渡らないといけないと思いながら、真っ直ぐに走って行った。

 

 道が左の府道13号線と並行していて、左に出られないため、どこまでも走ってしまう。

 

 やっと左に出て、府道13号線を越え、石清水八幡宮に向かうことが出来た。

f:id:knakata:20220214172543j:plain

(左手前に行く)

 京阪本線が走って来た。

 

 踏切を超えて住宅街の中に入り坂を登りながら、岩清水八幡宮に向かう。

 結構な登りで、電気自転車でなければ、諦めていただろう。

 

 さらに登りが続く。

 左右の竹山を見て、エジソンが八幡の竹をフィラメントに使って白熱電球を作ったことを思い出した。

 エジソンによれば、「天才とは99%の努力と1%のひらめきからなる」らしい。

 

 まだまだ登りが続き、やっと石清水八幡宮の駐車場に来たようだ。

 

f:id:knakata:20220214172636j:plain

(駐車場)

 けっこう参拝者が多かった。

f:id:knakata:20220214172659j:plain

(説明板)

 参拝はせずに来た道を降りていった。

 時間に押されて、八幡宮は見る余裕がなかった。

 古い民家が残っていて、この道は街道だったようだ。

 

 元の淀川の河川敷に戻り、樟葉ゴルフリンクスを見ながらポタリングを続ける。

 

f:id:knakata:20220214172723j:plain

(樟葉ゴルフリンクス

f:id:knakata:20220214172734j:plain

(パターをしていた)