関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

100.淀川にかかる橋と鉄道⑩(高槻ゴルフ倶楽部〜枚方大橋を折り返して大間排水機場)

 ゴルフを始めた40年ほど前に、高槻ゴルフ倶楽部には数回行ったことを覚えている。(過ぎれば早いものだ)

 その時は、この駐車場に車を停めた。

f:id:knakata:20220206152451j:plain

(高槻ゴルフ倶楽部駐車場)

 ゴルフ場の真上を、大きな水管橋が淀川を渡っている。

f:id:knakata:20220206152521j:plain

(水管橋)

 興味があったので、土手に上がってみた。

f:id:knakata:20220206152549j:plain

(水管橋/西向き)

f:id:knakata:20220206152559j:plain

(水管橋/南向き)

f:id:knakata:20220206152609j:plain

(水管橋/北に向かって地中に入る)

 枚方大橋を渡って淀川の左岸へ行き、車を停めた駐車場まで戻ることにする。

 前に見える車は、高槻ゴルフ倶楽部から帰る車だ。

f:id:knakata:20220206152659j:plain

枚方大橋)

f:id:knakata:20220206152709j:plain

枚方大橋)

 淀川と空と水管橋がマッチしてきれいだ!

f:id:knakata:20220206152733j:plain

枚方大橋)

 橋の上から南を見る。

 遠くに枚方パークの観覧車が見える。

f:id:knakata:20220206152852j:plain

枚方パークの観覧車)

 枚方パークのジェットコースターは、最高70km/時のスピードが出るらしい。

f:id:knakata:20220206152908j:plain

枚方パークのジェットコースター)

 淀川の河口(大阪湾)までの距離表示だ。

f:id:knakata:20220206152928j:plain

(距離表示)

 水管橋の横に、枚方水質管理所の管理小屋がある。

 淀川の水質を管理しているのだろう。

f:id:knakata:20220206152947j:plain

枚方水質管理所)

 こちら側も、水管橋は地中に入って行く。

f:id:knakata:20220206153006j:plain

(水管橋)

 淀川左岸の河川敷は、人も自転車も少なくしっかりと舗装されているので、快調にポタリングする。

 

 ふと止まって、澄んだ景色を眺める。

f:id:knakata:20220206153058j:plain

(茨木の山々)

 ジョギングしているご夫婦を追い越して、ポタリングを続ける。

 

 取水塔のようなものが見えて来た。

f:id:knakata:20220206153132j:plain

(取水塔?)

 よく見ると、「寝屋川市水道局下水道室」と書いてある。

 下水の放流なのか?

f:id:knakata:20220206153151j:plain

(表示)

 道を挟んで、この水路で淀川に放流しているようだ。

 この下流の水を取水して、大阪府民は飲料水にしているのか?

 私はペットボトルの水を飲んでいるので問題ないだろう。

f:id:knakata:20220206153238j:plain

(下水の放流水路)

 ロードバイクの若者が、私を追い越していった。

 この道は路面が良くて人が少ないため、ロードバイクで走るのに適している。

 

 また、取水塔のようなものが見えて来た。

f:id:knakata:20220206153306j:plain

(何の塔?)

f:id:knakata:20220206153314j:plain

(周囲には説明板がない)

f:id:knakata:20220206153327j:plain

(土手の上に上がっても説明板は見えない)

 土手を挟んで反対側に大きな建物があり、「大阪府大間排水機場」と書いてある。

 ネットで見ると、寝屋川流域で浸水被害を起こさないために、増水した水を淀川に排水するようだ。

 この建物には、大小6台のポンプが設置されている。

 なるほど、人々の生活を守るためには、こんなインフラも必要なのかと感心した。

f:id:knakata:20220206153356j:plain

大阪府大間排水機場)