関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

96.淀川にかかる橋と鉄道⑥(淀川大堰〜阪急千里線)

 大阪のビル群を見ながら、淀川左岸の土手を南西にポタリングする。

 

 淀川大堰の近くに来た。

 この水門を「毛馬の閘門」と勘違いしていたようだ。

 グーグルマップの航空写真をよく見ると、「淀川大堰」と書いてあった。

 この水門で、大阪市内に流れる大川の水量を調節している。

f:id:knakata:20220127160222j:plain

(淀川大堰)

 淀川大堰の左側に、毛馬の閘門がある。

 3つの水路があり、手前から「船留まり」「大川への水路」「排水機場」となっている。

 排水機場は大川の水位が上昇した時に、大川の水を淀川に放流するためのものだ。

f:id:knakata:20220127160317j:plain

(毛馬の閘門)

f:id:knakata:20220127160329j:plain

(淀川大堰/西方向)

f:id:knakata:20220127160339j:plain

(大川/南西方向)

f:id:knakata:20220127160349j:plain

(大川へ流れる)

f:id:knakata:20220127160358j:plain

(淀川大堰配置図)

 150m行くと増水注意板がある。

 奥に見えるのは、水管橋、阪急千里線、大きなアーチの長柄橋だ。

f:id:knakata:20220127160416j:plain

(増水注意板)

 旧毛馬の閘門が残されている。

f:id:knakata:20220127160435j:plain

(標識)

f:id:knakata:20220127160445j:plain

(旧毛馬の閘門)

 旧毛馬の閘門は、明治40年に完成され「第一閘門」とも言う。

 昭和51年まで併用されていたようだ。

f:id:knakata:20220127160502j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20220127160511j:plain

(説明板拡大)

f:id:knakata:20220127160519j:plain

(説明板拡大)

f:id:knakata:20220127160529j:plain

(沖野忠雄像/旧毛馬の水門を設計施工の指導)

f:id:knakata:20220127160557j:plain

(説明板)

 水管橋のそばに来た。

f:id:knakata:20220127160612j:plain

(水管橋)

 長柄橋の向こうにJR京都線があり、電車が走って来たのでビデオに収めた。

 

 長柄橋の手前に阪急千里線があり、ゴトゴトと電車が走って来たのでビデオに収めた。

 

 水管橋が淀川を越えてどうなっているのかチェックした。

f:id:knakata:20220127160715j:plain

(水管橋/大阪市内へ)

f:id:knakata:20220127160724j:plain

(水管橋/大阪市内へ)

f:id:knakata:20220127160736j:plain

(水管橋/大阪市内へ)

 ここからは地中に潜っている。

 水道配管は地中に埋設されているため、後々のメンテナンスは大変だ。

 安全・安心な水をしっかりと頼みます!

f:id:knakata:20220127160752j:plain

(水管橋/大阪市内へ)