関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

88.昆陽川(伊丹)の源流探し

 前回、庄下川の源流探しをした時に、尾浜灯台で庄下川にもう一つ川が合流していたのでその源流探しに出かけた。

 

 尾浜灯台に近い駐車場を事前に2箇所探して行ったが、2つとも満杯であった。

 さらにいくつかの駐車場を見て回ったが満杯が多く、駐車場探しに苦労した。(尼崎の駐車場は、混んでいるところが多い)

 

 尾浜灯台の右側の川が、庄下川(左側にあり写真に写っていない)に合流している。

f:id:knakata:20220103060832j:plain

(尾浜灯台

 500mほど進むと、橋に久々知川と表示があった。

 昆陽川のはずだが、このあたりの地名は久々知だ。

f:id:knakata:20220103060942j:plain

(久々知川)

 川そばの整備された道を気持ちよくポタリングする。

 

 兵庫県道にかかる久々知橋を渡って、ポタリングを続ける。

f:id:knakata:20220103061102j:plain

(久々知橋)

 ここから先は入れなかったので、迂回路を走った。

f:id:knakata:20220103061138j:plain

(この中を走りたかった)

 名神高速道路が見えた。

f:id:knakata:20220103061205j:plain

名神高速道路)

f:id:knakata:20220103061216j:plain

名神高速道路の下をくぐる)

 川はJR宝塚線の真横を並走する。

 砂利道のため、タイヤのパンクを気にしながらゆっくり走る。

f:id:knakata:20220103061232j:plain

(久々知川とJR宝塚線

 塚口駅から電車が走って来た。

 

 兵庫県道・大阪府道606号線西宮豊中線の下をくぐる。

f:id:knakata:20220103061318j:plain

兵庫県道・大阪府道606号線西宮豊中線

 きれいな公園が見え、その中を久々知川は流れている。

f:id:knakata:20220103061339j:plain

(上坂部西公園)

f:id:knakata:20220103061349j:plain

(公園案内図)

f:id:knakata:20220103061358j:plain

(きれいな紅葉)

 公園を出た久々知川は、町中をぐねぐねと曲がりながら流れる。

f:id:knakata:20220103061416j:plain

(町中を流れる久々知川)

f:id:knakata:20220103061425j:plain

(町中を曲がりながら流れる久々知川)

f:id:knakata:20220103061434j:plain

(町中を曲がりながら流れる久々知川)

f:id:knakata:20220103061446j:plain

(町中を曲がりながら流れる久々知川)

f:id:knakata:20220103061458j:plain

(町中を流れる久々知川)

 JR福知山線のそばを流れる久々知川。

f:id:knakata:20220103061526j:plain

(JR福知山線

 JR福知山線から離れて、阪急伊丹線の方向へ川は流れる。

f:id:knakata:20220103061546j:plain

(久々知川)

f:id:knakata:20220103061554j:plain

(ツカシン・ショッピングモール)

f:id:knakata:20220103061603j:plain

(稲園高校)

 久々知川は細くなり、この先で暗渠になった。

f:id:knakata:20220103061626j:plain

(細くなった久々知川)

 阪急伊丹線稲野駅に到着した。

f:id:knakata:20220103061643j:plain

稲野駅

 駅のそばの踏切で、ビデオ撮りのため電車を待った。

 

 稲野駅を過ぎると、線路沿いに水門が見えた。

f:id:knakata:20220103061709j:plain

(線路沿いの水門)

f:id:knakata:20220103061717j:plain

(方向を変えた写真)

f:id:knakata:20220103061726j:plain

(方向を変えた写真)

f:id:knakata:20220103061736j:plain

(説明板)

 「一級河川昆陽川捷水路 昆陽川取水口」と書いてある。

 はて、久々知川に沿ってポタリングしてきたはずだが?

 どこかで名前が変わったのか、川を間違えたのかは不明だ。

 昆陽川取水口を過ぎ、阪急電車と並行して走る。

f:id:knakata:20220103061819j:plain

(阪急伊丹線

 昆陽川は左に曲がって、住宅街の中を流れる。

f:id:knakata:20220103061839j:plain

(阪急伊丹線沿いから離れる)

f:id:knakata:20220103061847j:plain

(住宅のそばで入れない)

f:id:knakata:20220103061856j:plain

(住宅のそばで入れない)

 昆陽川は、完全に暗渠になった。

f:id:knakata:20220103061911j:plain

(暗渠)

 この先どこかで昆陽川を見れるかもしれないが、ここで源流探しを止めた。

f:id:knakata:20220103061950j:plain

伊丹市立南小学校)

 帰り道は、庄下川と富松川が交わる地点を通った。

f:id:knakata:20220103062010j:plain

(庄下川と富松川が交わる表示)

 庄下川で鴨が泳いでいた。

 水の中に首を突っ込んで逆立ちしているのは、餌をとっているのだろうか。

 

 何回も見た名月姫の墓がある尾浜八幡神社で、駐車場はここから3㎞ほどだ。

f:id:knakata:20220103062048j:plain

(尾浜八幡神社

2022年のブログ始めでした。

今年もよろしくお願いします。