関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

76.庄下川の源流探し②(築地から尾浜灯台)

 尼崎の築地大神宮を過ぎて、庄下川の源流を探しに行く。

f:id:knakata:20211210165606j:plain

(築地大神宮)

 庄下川の横をのんびりとポタリング

 川沿いの道は緑が多くて楽しい。

f:id:knakata:20211210165625j:plain

(左が庄下川)

 500mで櫻井神社が見えた。

 国道43号線の設置で、ここに移設されたため新しい。

f:id:knakata:20211210165648j:plain

(櫻井神社)

 500m北に尼崎城址公園があり、尼崎城が復元されている。

f:id:knakata:20211210165711j:plain

(復元された尼崎城

 100m北に、阪神電鉄旧尼崎発電所がある。

 レンガ造りで時代を偲ばせる。

f:id:knakata:20211210165729j:plain

阪神電鉄旧尼崎発電所

f:id:knakata:20211210165737j:plain

阪神電鉄旧尼崎発電所

 すぐそばの尼崎駅に阪神電車が到着した。

 ビデオ撮りのチャンスだ。

 

 阪神電車を過ぎて、庄下川をポタリングする。

 

 前回走ったときも、橋の下に大きな鯉が群れていたのでチェックしたら案の定、鯉の大群だ。

 餌やりのポイントなのか、大きな口を開けてこちらを向いていた。

 そしたら隣に子供がやってきて、パンをやり始めた。

 

 子供が投げたパンくずに「白いかもめ」が急降下して、鯉の口から取り去って行った。(生存競争は厳しい!)

f:id:knakata:20211210165831j:plain

 鯉を見終わったらポタリング開始だ。

f:id:knakata:20211210165842j:plain

(橋を渡って右に曲がる)

 川沿いはきれいに整備されている。

f:id:knakata:20211210165858j:plain

(庄下川の看板)

 鳥州橋から大きな道をそれて、川沿いの楽しい小道に入る。

f:id:knakata:20211210165919j:plain

(小道)

 のんびりと北に向かってポタリングを楽しむ。

 

 JR福知山線の橋が見えて来た。

f:id:knakata:20211210170007j:plain

(JR福知山線

 いつものごとく、電車をビデオに収める。(電車を待つのが楽しい)

 

 何回も通った名月姫公園だ。

f:id:knakata:20211210170045j:plain

(名月姫公園)

 名月姫という美しい名前に誘われて、この説明板も何回も読んだ。

f:id:knakata:20211210170102j:plain

(名月姫伝説)

f:id:knakata:20211210170110j:plain

(名月姫の墓がある尾浜八幡宮

f:id:knakata:20211210170125j:plain

(名月姫の墓)

f:id:knakata:20211210170134j:plain

(尾浜宝篋印塔)

 尾浜八幡宮を過ぎて道路を渡り、ポタリングを続ける。

f:id:knakata:20211210170150j:plain

(道路を渡り直進)

 1㎞で川の合流地点に来た。

 左が庄下川で、右は昆陽川だ。

f:id:knakata:20211210170208j:plain

(庄下川と昆陽川の合流地点)

 正面に面白い物が見えたので、渡って見てみることにした。

f:id:knakata:20211210170248j:plain

(面白い物)

 なんと「灯台」だった。

 このあたりまで海だったようだ。

f:id:knakata:20211210170332j:plain

灯台

 過去の大きな台風のときの水位が記録されている。

 昭和9年9月室戸台風の最高水位は3.8mで、昭和25年9月ジェーン台風の最高水位は3.0mだ。

 ここの海抜は1.8mのため、きっと大きな犠牲が出たに違いない。

 ジェーン台風のとき、私は母のお腹にいたが、大阪の大正区に住んでいた母はきっと大変だったろう。(母がそんなことを話していたのを思い出した)

f:id:knakata:20211210170412j:plain

(台風の足跡を示す灯台