関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

73.庄下川の源流探し①(駐車場から河口の先まで往復)

 尼崎をポタリングする時に何度か通った「庄下川」だが、今回源流まで遡ることにした。

 阪神尼崎駅の駐車場に車を停めて自転車を下ろし、庄下川の河口を過ぎて大阪湾まで走り、ほぼ同じ道を戻り、そして源流へ向かった。

f:id:knakata:20211203083341p:plain

ポタリングルート)

 車を停めた市営の尼崎駅前駐車場で、地下になっている。

 最大料金1,000円と、駅前にしてはリーズナブルだ。

f:id:knakata:20211203083436j:plain

(駐車場)

 駐車場で自転車を下ろし、駅のすぐ西側を南北に走っている「兵庫県道57号 五合橋線」を、南へポタリングする。

 このあたりは工場地帯のため、両側は大きな工場ばかりだ。

 この日は休日だったので、車は少なくとても走りやすかった。

f:id:knakata:20211203083526j:plain

(五合橋線)

 大きな構造物が出てきた。

 同じ道を戻るので、帰りにしっかりと見よう。

f:id:knakata:20211203083602j:plain

(大きな構造物)

 尼ロックの標識が見えるが、なんだろう。

 標識の方向に走ることにした。

f:id:knakata:20211203083648j:plain

(尼ロックの標識)

 尼ロックの正式名称は尼崎閘門(こうもん)で、管理所があったが、休日のためか閉門されていた。

 閘門あたりが「庄下川」の河口になる。

f:id:knakata:20211203083721j:plain

(閘水門管理所)

 管理所は閉まっていたが、近くの水面で、びっくりするほど多くの鴨が泳いでいた。(ラッキー!)

f:id:knakata:20211203083755j:plain

(鴨の大群)

 早速ビデオに撮った。

 一面、鴨だらけだ。

 

 阪神高速道路入り口だが、多くのトラックが阪神高速を走って、工場に出入りするのだろう。

f:id:knakata:20211203085935j:plain

阪神高速尼崎東海岸入口)

f:id:knakata:20211203085947j:plain

(北を見れば遠くに六甲山)

 出発した駐車場から6㎞で、大阪湾に面する「尼崎のびのび公園」に来た。

f:id:knakata:20211203090011j:plain

(尼崎のびのび公園)

 大阪湾に面する、公園の西側を見て回った。

 大きな建物が見える。

f:id:knakata:20211203091243j:plain

(ESR尼崎ディストリビューションセンター/広域配送拠点)

f:id:knakata:20211203090125j:plain

(釣り人が釣りを楽しんでいる)

 懐かしい名前「ダイハツ丸2」の自動車運搬船を見た。(私は学校卒業後、12年間ダイハツ工業に勤めていた)

f:id:knakata:20211203090149j:plain

ダイハツ丸2)

f:id:knakata:20211203090204j:plain

(横顔)

f:id:knakata:20211203090247j:plain

(輸送待ちの車は少なかった)

 このあたりで、南に行く道はなくなったので、来た道を引き返す。

 同じ道を引き返すのは単調だが、別の景色が見れるだろう。

f:id:knakata:20211203090347j:plain

(引き返し地点)

 五合橋交差点は、平日渋滞するのだろう。

f:id:knakata:20211203090407j:plain

(渋滞表示)

 尼崎港湾労働者福祉センターがあるが、港湾労働者ネットで調べると「港湾労働者の雇用関係は不安定で、日雇で仕事にあぶれることが多く,手配衆から賃金をピンはねされ、ケガや病気は手前もちである」と書いてあった。

 昔ならともかく、今の時代もこうなのかと変な違和感を持った。

f:id:knakata:20211203090439j:plain

(尼崎港湾労働者福祉センター)

 五合橋線から200m西に外れると、廃墟になった建物がある。

f:id:knakata:20211203090507j:plain

(廃墟)

 帰りに調べる予定だった大きな構造物だ。

 「東高州橋」で、東堀運河に架かる跳開式可動橋だ。

 時間限定で、大きな船が通れる様になっている。

 この運河沿いには、大きな工場が並んでいるようだ。

f:id:knakata:20211203090610j:plain

(東高州橋)

f:id:knakata:20211203090621j:plain

(釣り上げ用のアーム)

 東高州橋から1㎞で五合橋がある。

 この下を庄下川が左へ流れている。(右が源流方向)

 旧左門殿川と書いてあるが、周辺の埋立工事のときの河川改修で、川の付替が行われたようだ。

f:id:knakata:20211203090659j:plain

(五合橋)

f:id:knakata:20211203090718j:plain

(拡大)

 築地は東京にある地名かと思っていたが、ここにも「築地」の地名が出てきた。

 ネットで調べると「築地とは海や沼などを埋め立てて作った陸地」と書いてあり、このあたりが海だったことを物語っている。

f:id:knakata:20211203090753j:plain

(築地)

f:id:knakata:20211203090801j:plain

(築地大神宮)