関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川や街道を、自転車でのんびりと走り紹介します。

72.西国街道をポタリング⑦(石橋阪大下〜箕面牧落交差点)

 3時を過ぎて寒くなり疲れて来たので、ここから、176号線で自宅まで帰ろうかと思ったが、「大決心」をして計画通り西国街道を走ることにした。

 手前方向が帰る道で、右へ行くのが西国街道だ。

f:id:knakata:20211201060408j:plain

(176号線)

f:id:knakata:20211201060429j:plain

箕面市瀬川の交差点)

 以前ポタリングした箕面川に来た。

 このあたりは、建武3年(1336)に北畠顕家を総大将とする後醍醐天皇軍と、足利尊氏を総大将とする反乱軍の戦いの場となったらしい。

 戦力は合わせて30万人という想像もできない大人数で、「豊島河原の戦い」と言われる。

 大勢の血が流れたのが悲しい。

f:id:knakata:20211201060452j:plain

箕面川)

 背の高~い構造物が見えた。

f:id:knakata:20211201060512j:plain

(なんだろう?)

 箕面市消防団半町分団、格納庫の建物に付属して設置されている。

 初めて見たが、一体なんだろうか。

f:id:knakata:20211201060555j:plain

箕面市消防団半町分団格納庫)

 電動で何かを上に釣り上げるようになっている。

 消防ホースを乾かす物干し台か、火の見櫓(人は上がれないようだが)かな?

 ホースが干されている光景を想像して、前者にしておこう。

f:id:knakata:20211201060615j:plain

(詳細写真)

 西国街道ポタリングを続ける。

f:id:knakata:20211201060700j:plain

(阪急桜井駅)

 近くの道標には、以前見た「牧落の高札場跡」まで800mと書いてある。

f:id:knakata:20211201060726j:plain

(道標)

 300m行くと大きな木があった。(箕面市の保護樹木)

f:id:knakata:20211201060848j:plain

(大きな木)

f:id:knakata:20211201060902j:plain

(ここにも「牧落の高札場跡」の道標)

 「牧落の高札場跡」に着いた。

 以前箕面街道をポタリングした時にも見た。

 左へ行けば「箕面大滝」だ。

f:id:knakata:20211201060922j:plain

(牧落の高札場跡)

 ネットによると、高札場とは、幕府や領主が決めた法度(はっと)や掟書(おきてがき)などを木の板札に書き、人目を引くように高く掲げておく場所のことだ。

f:id:knakata:20211201060933j:plain

 (説明板)

f:id:knakata:20211201060944j:plain

(道標拡大)

 西国街道を進んで、国道171号線に出た。

 自宅へは右に曲がって20分ほどだ。

f:id:knakata:20211201061003j:plain

国道171号線

 計画通り、今回の終点「牧落の交差点」に到着した。

 3時半過ぎで、寒くなって来た。(今日も熱燗を飲もう!)

f:id:knakata:20211201061025j:plain

(牧落の交差点)

 神戸三宮から出発した、西国街道1泊2日のポタリングのブログはこれで終わり、箕面の牧落交差点から京都までの続きは後日アップします。