関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

63.伊丹 駄六川の源流を探してポタリング①

 急に寒くなってきたので、茨木の北部は来年暖かくなってからポタリングをすることにした。

 今回は伊丹の駄六川の源流(青線)を見て、伊丹緑地(緑線)を通って戻ることにした。

f:id:knakata:20211112132457p:plain

ポタリング・マップ)

f:id:knakata:20211112132508j:plain

(JR伊丹駅前駐車場)

 駄六川は猪名川に合流しているので、合流地点まで行った。

 手前が駄六川で、奥の猪名川に合流している。

 この日は、大変きれいに晴れていた。

f:id:knakata:20211112132527j:plain

(駄六川が猪名川に合流)

f:id:knakata:20211112132539j:plain

(だろくがわ)

 合流地点にある橋は「だろくおおはし」の名前だが、そんなに大きくはない。

 「駄六川」の名前は、のんびり感があって落ち着くが、私は「駄を駄馬」、「六をろくでなし」のイメージを持っているようだ。

 ネットで調べたところ、下記のように書いてあった。

「江戸時代、酒樽2個で一駄(いちだ)といったが、その酒樽12個、いわゆる六駄を積んだ船、また背に掛けた馬が行き来したことから駄六川と名付けられた」

 面白い名前の付け方だ。

f:id:knakata:20211112132557j:plain

(だろくおおはし)

 駄六川の左右、どちらを走ろうかと見てみたが、左は車が走り、右は散歩道のようだったので、右を選んだ。

f:id:knakata:20211112132617j:plain

(川の左側)

 駄六川と散歩道は、きれいに整備されている。

f:id:knakata:20211112132639j:plain

(川の右側)

 最近急に寒くなったので冬支度だったが、10時頃に走り始めたが、日がさし始めると暑くなったので、1枚脱いで調整した。

 小春日和のような天気の中を、気持ち良くポタリングした。

 

 大きな「イオンモール伊丹」が右に見える。

f:id:knakata:20211112132708j:plain

イオンモール伊丹)

 イオンモール伊丹を越えて走っていると、福知山線JR宝塚線)の電車が川を挟んで左側を追い越して行ったので、ビデオに撮った。

 

 

 先ほど追い越して行った電車だろうか、JR伊丹駅に停車していた。

f:id:knakata:20211112132736j:plain

(JR伊丹駅

 JR伊丹駅から400mで、線路の下をほぼ直角にくぐる。

 マンションの向こうに見えるのは、大阪府道99号線(伊丹豊中線)だ。

f:id:knakata:20211112132754j:plain

(直角に曲がる駄六川)

 川は線路の下をくぐり、私は線路の上を渡るが、また偶然、電車が北に走って行った。

f:id:knakata:20211112132813j:plain

(線路の上の歩道橋から)

f:id:knakata:20211112132821j:plain

(歩道橋から見た駄六川)

 線路を越えて、気持ち良くポタリングする。

 

f:id:knakata:20211112132839j:plain

(伏見橋)

 川の向こうに見える木々の中に、帰りに走る予定の「伊丹緑地」の散歩道が通っている。

 秋晴れというのか、真っ青な空だ。

f:id:knakata:20211112132901j:plain

(奥は伊丹緑地)

 亀が日向ぼっこをしていた。

f:id:knakata:20211112132919j:plain

(亀を見つけた)

 そばで鴨も泳いでいた。

 伊丹空港から、飛行機が離陸して飛んでいく音が少し入っている。

 (ここから伊丹空港までは、東に1kmほど)

 

f:id:knakata:20211112132943j:plain

伊丹空港から離陸した飛行機)

 右から駄六川に合流する、「東川」が見える。

f:id:knakata:20211112133004j:plain

(駄六川は左に曲がる)

 今立っている駄六川にかかる「坂口橋」を左に渡り、東川の合流を正面から写真に撮ることにした。

f:id:knakata:20211112133025j:plain

(駄六川に合流する東川)

 ここでも亀が首を長くして、日向ぼっこをしている。

 亀もこの日差しは気持ち良いのだろう。

f:id:knakata:20211112133042j:plain

(2匹の亀)

 少し戻った坂口橋に「辻の碑」「多田街道」の道標があったので、行って見ることにした。

 なお、この坂口橋は「西国街道」になっている。

f:id:knakata:20211112133101j:plain

(坂口橋)

 西へ50m行けば、南北に多田街道が通っている。

f:id:knakata:20211112133149j:plain

(多田街道)

「辻」とは道が交わるところで、ここで西国街道と多田街道が交わる。

f:id:knakata:20211112133211j:plain

(辻の碑)

f:id:knakata:20211112133219j:plain

(辻の碑の説明板)

 

 伊丹 駄六川の源流を探してポタリング②へ続く