関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

62.大正川の源流から元茨木川緑地をポタリング②

 大正川の源流から元茨木川緑地をポタリング① から続く

 

 元茨木川緑地の川端通りを、暖かい日差しに包まれて、のんびりと気持ち良くポタリングして来た。

 茨木童子は、出生が水尾村(茨木市)で、平安時代大江山を本拠に京都を荒らし回った「鬼」の一人とされている。

 今は茨木市のマスコットだ。

f:id:knakata:20211110135444j:plain

茨木童子

f:id:knakata:20211110135452j:plain

(説明書き)

f:id:knakata:20211110135502j:plain

(整備された川端通り)

 阪急京都線の高架をくぐるが、このあたりから「桜通り」になっている。

 川端通りは、ここで終わりのようだ。

f:id:knakata:20211110135524j:plain

阪急京都線

 新庄橋跡の石碑が残されていて、この通りが「元茨木川」であったことを示している。

f:id:knakata:20211110135542j:plain

新庄橋跡)

 左の時計は午後2時前で、この日(11月3日)は暑かったが、木々に囲まれ清々しく気持ち良かった。

f:id:knakata:20211110135608j:plain

(桜通り)

f:id:knakata:20211110135625j:plain

(あやめ橋)

 オリーブの木がたくさん植えられているところに、オリーブの森のモニュメントがあった。

 桜通り⇒オリーブの森⇒そして梅園と、四季折々を楽しませてくれる。

f:id:knakata:20211110135655j:plain

(オリーブの森)

f:id:knakata:20211110135703j:plain

(小豆島の地図とオリーブの森の由来)

 佐和良義神社前と桜通りの表示がある。

 たしか、大阪モノレールの駅に「沢良宜(さわらぎ)駅」があったが、この佐和良義から来た名前だろうか?

f:id:knakata:20211110135721j:plain

(桜のシーズンはこのあたり桜満開かな?)

f:id:knakata:20211110135732j:plain

(佐和良義神社)

 また、橋の跡があった。

 昔は、このあたりに住んでいる人が多く、狭い間隔で橋があったのだろう。

f:id:knakata:20211110135756j:plain

(沢良宜東高橋跡)

 「船頭の桶跡」という、興味を引く名前の石碑があった。

 船頭さんが、右にある石の上に桶を置いていたのかな?

 ネットで調べたが不明だった。 

f:id:knakata:20211110135813j:plain

(船頭の桶跡)

 ここにも橋があった。

f:id:knakata:20211110135836j:plain

(沢良宜橋)

f:id:knakata:20211110135856j:plain

道祖神社)

f:id:knakata:20211110135905j:plain

道祖神社)

 道祖社と水神社があるが、このあたりは川の氾濫が多かったので、道と水の平安を願ったのか?(これ想像)

f:id:knakata:20211110135925j:plain

(道祖社と水神社)

 気持ち良くポタリングした。

 11月3日の休日だったが、人は少なかった。

 

 ここにも橋があった。

 元茨木川は橋の多かった川だ。

f:id:knakata:20211110140026j:plain

(高浜橋跡)

 ここからすぐの所に、新高浜橋跡があるが、洪水で流されて新しい橋に付け替えられたのか?(これ想像)

f:id:knakata:20211110140047j:plain

(新高浜橋跡)

 いよいよ、元茨木川緑地のポタリングも終盤だ。

 

f:id:knakata:20211110140110j:plain

(元茨木川緑地梅園)

 元茨木川緑地のポタリングを終えて、大阪モノレールに出た。

f:id:knakata:20211110140130j:plain

大阪モノレール

f:id:knakata:20211110140208j:plain

沢良宜駅/右は近畿自動車道

f:id:knakata:20211110140217j:plain

沢良宜駅

 出発地点の大正川に戻った。

 楽しい1日だった。

f:id:knakata:20211110140234j:plain

(大正川)

 茨木の北には、安威川佐保川勝尾寺川が流れているが、来年暖かくなって新緑の頃にポタリングすることにする。