関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

大正川の源流から元茨木川緑地をポタリング①

 大正川の源流(枡池)を見たあと、元茨木川(川端通り)に行った。

 (緑線⇒右の青線)

 この日(11月3日)は暖かくて風もなく、ポタリングに最適だった。

f:id:knakata:20211108193446p:plain

ポタリング地図)

f:id:knakata:20211108193500j:plain

(大正川の源流/枡池)

 最近造られた、長池にかかる「長池橋」を右に渡る。

f:id:knakata:20211108193520j:plain

長池橋)

 500mで、茨木カンツリー倶楽部の東南角に出た。

 ここのゴルフ場は、20年近く前に一度ラウンドしたことがある。

f:id:knakata:20211108193609j:plain

茨木カンツリー倶楽部

 茨木カンツリー倶楽部の東側が、ジョギングロードになっている。

f:id:knakata:20211108193646j:plain

(ジョギングロード)

 そして、すぐに名神高速道路に出た。

 名神高速道路に沿って、茨木インターチェンジまでのんびりとポタリングすることにした。

f:id:knakata:20211108193708j:plain

名神高速道路)

 2kmで茨木インターチェンジに来た。

f:id:knakata:20211108193728j:plain

茨木インターチェンジ

f:id:knakata:20211108193737j:plain

茨木インターチェンジ

 800m東に走ると茨木川だ。

f:id:knakata:20211108193833j:plain

(茨木川)

 200m下流から、南へ川端通り(元茨木川)が始まる。

f:id:knakata:20211108193850j:plain

(左へ元茨木川が始まる)

 ここに「安威川 茨木川 合流の碑」が建っている。

 昭和16年に、茨木川は安威川に合流された。

 それまで、ここから下流の元茨木川は川幅が狭く、天井川だったので、しばしば濁流氾濫を起こしていたようだ。

f:id:knakata:20211108193945j:plain

安威川 茨木川 合流の碑)

 明治35年に両親を亡くした川端康成は、祖父母に引き取られて大阪府三島郡豊川村(現在の茨木市西部周辺)に移り住んだ。

 川端康成は、昭和43年に日本で初めてノーベル文学賞を受賞したすごい人だ。

 茨木市川端康成文学館を開館し、その前の通りを「川端通り」にした。

f:id:knakata:20211108194013j:plain

川端通り)

 きれいに整備された、幅の広い川端通りを気持ち良くポタリングした。

 

f:id:knakata:20211108194037j:plain

川端通り)

f:id:knakata:20211108194046j:plain

川端通り)

 1km走ると、JR京都線の高架をくぐる。

 この近くに、「丸また」という名称の古い高架があると説明地図に書いてあったので探した。

 

 奥の部分が、「丸また」のようだ。

f:id:knakata:20211108194135j:plain

JR京都線の高架)

 明治9年に、東海道本線の開通と同時に出来たらしい。

 レンガ造りで年代を感じるが、芸術品のようにも思える。

f:id:knakata:20211108194209j:plain

(丸また)

 じっと見ていると、丸またのイメージが出てくる。

f:id:knakata:20211108194219j:plain

(説明書き)

f:id:knakata:20211108194229j:plain

(ところどころ補修されている)

f:id:knakata:20211108194243j:plain

(ところどころ補修されている)

f:id:knakata:20211108194254j:plain

(元茨木川緑地説明板)

 「希望の像」って、明るい未来を想像させる良いモニュメントだ。

f:id:knakata:20211108194311j:plain

「希望の像」

 川端通りの中ほどで、お腹が空いてきたので一般道に出て、コンビニでおにぎりと飲み物を買って食べた。

 茨木市役所のそばだった。

f:id:knakata:20211108194404j:plain

茨木市役所)

 近くに茨木神社がある。

f:id:knakata:20211108194413j:plain

(茨木神社)

 おにぎりを食べたあと川端通りに戻り、ポタリングを開始する。

 左手に「被爆石」があったので、何なのか読んでみた。

 これは、広島市役所の被爆庁舎の前庭の敷石だったそうだ。

f:id:knakata:20211108194435j:plain

被爆石)

 このような原爆に関する物を見ることは、戦争と原爆の悲惨さを考えることができる良い機会になる。

 残念ながら、世界には未使用の原爆が何千発と配備されている。

f:id:knakata:20211108194455j:plain

(説明書き)

⇒大正川の源流から元茨木川緑地をポタリング②へ続く