関西の「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

55.正雀川の源流探し「再挑戦」

 前回は正雀川の源流を探して遡ったつもりであったが、岸辺駅を越えてから山田川に行ってしまった。

 国立循環器病研究センターを過ぎて、すぐ左に曲がれば良かったのだが、少し真っ直ぐに行き過ぎて、山田川まで行ってしまった。

 今回は正雀川の源流と思われる「海老ヶ池」を目指して、再チャレンジした。

f:id:knakata:20211028170205p:plain

(青線が今回のルート)

 正面の大きな建物が国立循環器病研究センターで、巨大だ。

f:id:knakata:20211028170227j:plain

(正面は国立循環器病研究センターで右は岸辺駅

 整備された歩道を気持ちよくポタリングする。

f:id:knakata:20211028170250j:plain

(再度ここからスタート)

 国立循環器病研究センターを過ぎたら、直ぐに左に曲がる。

 

 左に曲がったところだが、正雀川はこの歩道の下では暗渠になっているので、前回は間違って真っ直ぐに行ってしまった。

f:id:knakata:20211028170355j:plain

(歩道の下が正雀川)

 この地区は北大阪健康医療都市になっていて、歴史の説明がされている。

 病院やマンションも多く、住みやすそうだ。

f:id:knakata:20211028170441j:plain

(説明板)

 道路を越えると正雀川が現れてきそうだ。

f:id:knakata:20211028170459j:plain

(道路の向こうが正雀川らしい)

 整備された幅の広い歩道は続いている。

f:id:knakata:20211028170520j:plain

(気持ち良くポタリング

 

f:id:knakata:20211028170644j:plain

(川幅は少し細くなってきた)

 正雀川の看板があり、一安心。

f:id:knakata:20211028170701j:plain

正雀川に間違いなし)

 道路を渡る。

f:id:knakata:20211028170716j:plain

正雀川は道路の下)

f:id:knakata:20211028170728j:plain

正雀川の両側は通れない)

 使われてなさそうな水門がある。

f:id:knakata:20211028170756j:plain

(水門)

f:id:knakata:20211028170805j:plain

(電動式の水門だ)

 反対側から写真を撮る。

 いつ頃まで使っていたのだろうか?

f:id:knakata:20211028170823j:plain

(機械部品は錆びついている)

 右が水門で、水門を閉じると水は左側に流れて山田川に行くようになっている。

 正雀川の水位が高くなると、この水門を閉じていたと思われる。

f:id:knakata:20211028170903j:plain

(左に流れると水は山田川に行く)

 正雀川の右の細い道をポタリング

f:id:knakata:20211028170922j:plain

(右側を走る)

 左に行ったり、右に行ったりしながら、ポタリングを楽しむ。

f:id:knakata:20211028170950j:plain

ポタリングを楽しむ)

f:id:knakata:20211028171030j:plain

ポタリングを楽しむ)

f:id:knakata:20211028171038j:plain

ポタリングを楽しむ)

f:id:knakata:20211028171052j:plain

ポタリングを楽しむ)

 

 

 「よい児ばし」ってなかなか良い名前をつけたものだ。

f:id:knakata:20211028171229j:plain

(よい児ばし)

 正面に見える名神高速道路の下をくぐる。

f:id:knakata:20211028171251j:plain

(正面は名神高速道路)

f:id:knakata:20211028171307j:plain

ポタリングを楽しむ)

 遠くに水門が見えてきた。

f:id:knakata:20211028171330j:plain

ポタリングを楽しむ)

 なかなか古そうな水門だ。

f:id:knakata:20211028171352j:plain

(水門)

 2人でハンドルを回して開閉する手動式の水門だ。

 水の流れを遮断するのは木の板だ。

 大雨で下流の水位が高くなると、この水門で閉門作業をしていたのかと思うと「ご苦労さん」と言いたくなる。

f:id:knakata:20211028171457j:plain

(反対側からの写真)

f:id:knakata:20211028171524j:plain

(水門を越えてポタリング

 山田下の交差点に来たが、目指す源流の「海老ヶ池」はもう近くだ。

f:id:knakata:20211028171613j:plain

(山田下の交差点)

 交差点をくぐると左手に川がある。

f:id:knakata:20211028171639j:plain

(山田下をくぐった所)

f:id:knakata:20211028171654j:plain

(交差点の左手の川)

 山田下の交差点を過ぎて右手にも川が見える。

 道路の下がどの様になっているかわかりにくい。

f:id:knakata:20211028171716j:plain

(交差点の右手の川)

 少し入った所にこの地区の説明板があるが、千里丘陵には池が多くて、どれが正雀川の源流かわからなくなった。

 いろんな池から水が出てきて、たぶんこのあたりが源流だろう。

f:id:knakata:20211028171823j:plain

(説明板)

 海老ヶ池は千里緑地の中にあり、気持ち良くポタリング

f:id:knakata:20211028171850j:plain

 樹木の中は空気がうまい。

 

 

 正雀川の源流に勝手に決めた「海老ヶ池」は、良い雰囲気だ。

f:id:knakata:20211028171912j:plain

(海老ヶ池)

 正雀川の源流にたどり着けてホッとした。

 まだ時間があるので、今から「佐井寺地区」と「吉志部地区」を見て帰ることにした。