関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

京街道を旧猪名川から高川までポタリング

 豊中市の南、神崎川に並行して「旧猪名川」から「高川」まで結ぶ「京街道」が、「とよなか歴史・文化財マップ」に書かれていたので、自転車でポタリングした。

f:id:knakata:20211008180229p:plain

京街道

 スタートは、旧猪名川にかかる「椋橋(くらはし)」で、旧猪名川緑地の入り口でもある。

f:id:knakata:20211008180330j:plain

(椋橋)

f:id:knakata:20211008180343j:plain

(旧猪名川緑地の入り口)

 椋橋を渡った所に、「金毘羅大権現常夜燈」がある。

f:id:knakata:20211008180405j:plain

金毘羅大権現常夜燈)

 説明板によると、このあたりは古くから江戸時代にかけて、吹田、尼崎、有馬、京都を結ぶ交通の要衝として、大変栄えたようだ。

f:id:knakata:20211008180427j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20211008180443j:plain

京街道入り口の細い道)

 100m行った左手に「椋橋総社」がある。

f:id:knakata:20211008180518j:plain

(椋橋総社の大きな鳥居)

 鳥居の中に入ってみると、幼稚園の運動会で、園児が元気で大きな声を出していた。

f:id:knakata:20211008180605j:plain

(運動会で走っている子供)

 南200mに「庄本南水門之阯碑」が建っていて、この地はかつて「水郷」と呼ばれていたようだ。

 

 

 地図の水色に囲った所に、州至止(すどうし)八幡宮があり、境内に「疎水成功碑」が建っていて、周辺の石碑設置の説明がある。

f:id:knakata:20211008180822j:plain

(疎水成功碑)

 以下は、地図で水色の枠内にある多くの石碑。

f:id:knakata:20211008181152j:plain

(上の町洗い場碑)

f:id:knakata:20211008181203j:plain

(下の町洗い場碑)

f:id:knakata:20211008181228j:plain

(東川橋欄干)

f:id:knakata:20211008181253j:plain

(東川橋欄干)

f:id:knakata:20211008181305j:plain

(丁田樋門跡)

 東へ200m走り、阪急神戸線の踏切を超える。

f:id:knakata:20211008181328j:plain

阪急神戸線

 さらに100m走り、阪神高速池田線の高架をくぐる。

f:id:knakata:20211008181349j:plain

阪神高速池田線)

 1kmほど気持ちの良い道を走ると、阪急宝塚線の高架をくぐる。

f:id:knakata:20211008181428j:plain

(気持ちの良い道)

f:id:knakata:20211008181445j:plain

阪急宝塚線

 高架をくぐれば、天竺川の「どうでんこばし」を渡る。

 漢字では「道田小橋」と書き、昔は田んぼの水路にかかっていた小さな橋だったのだろう。

f:id:knakata:20211008181519j:plain

(どうでんこばし)

 500mで神崎川に出た。

f:id:knakata:20211008181544j:plain

神崎川

 ここには、「目いぼの渡し碑」と「目いぼ橋欄干」がある。

 明治の末頃まで使われていた渡し船の船頭の、右目の上に「大きないぼ」があったので、この名前がつけられたらしい。

f:id:knakata:20211008181627j:plain

(目いぼの渡し碑)

f:id:knakata:20211008181637j:plain

(目いぼ橋欄干)

 ここから「京街道」は、「三国街道」に名前が変わり北上する。⇒続く