関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

桜塚街道を岡町駅からく旧猪名川までポタリング

 桜塚街道は、能勢街道岡町駅の商店街から分岐して南西へ始まり、猪名川を渡って尼崎に至る。

 今回は猪名川にかかる利倉橋までポタリングした。

 東西に走る桜塚商店街の中間を横切って、岡町商店街(能勢街道の一部)が南北に交差している。

f:id:knakata:20211007174358j:plain

(桜塚商店街)

f:id:knakata:20211007174447j:plain

(岡町商店街)

 岡町商店街を少し行った所に桜塚碑があり、桜塚街道はここからスタートする。

f:id:knakata:20211007174727j:plain

(桜塚碑)

 説明板によると、このあたりには豪族が多かっっため、その古墳がたくさん残っていたらしい。

f:id:knakata:20211007174946j:plain

(説明板)

 すぐ横は原田神社だ。

f:id:knakata:20211007175012j:plain

(原田神社)

 住宅街のそれらしき道を500mほど行くと、阪急宝塚線の高架をくぐる。

f:id:knakata:20211007175051j:plain

阪急宝塚線の高架)

 700m南下すると、原田城北城跡に旧羽室家住宅がある。

 旧羽室家住宅は、平成19年(2007)に国の登録文化財になっている。

f:id:knakata:20211007175121j:plain

(広〜い旧羽室家住宅)

f:id:knakata:20211007175132j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20211007175144j:plain

(少し南にある愛宕堂)

 ここから200m西に、「原田井の洗い場」という説明板が立っていたので読んでみると、この水路は猪名川流域では最大級の農業用水路だったらしい。

f:id:knakata:20211007175220j:plain

(今はその面影がない農業用水路)

f:id:knakata:20211007175238j:plain

(説明板)

 写真の階段のようなものは、洗い場の跡で、村人たちの生活用水としても長く利用されたらしい。(ここに腰掛けて洗い物をしていたのかな?)

f:id:knakata:20211007175311j:plain

(水路にかかる洗い場の跡)

f:id:knakata:20211007175321j:plain

(水路と洗い場は続く)

 正面に阪神高速池田線が見えるが、この水路はこの先の猪名川から取水していたらしい。

 ここは「九名井」と言われ、名前の由来は原田村など9か村の地を潤していたことによるらしい。

f:id:knakata:20211007175350j:plain

(九名井)

f:id:knakata:20211007175404j:plain

(お亀地蔵)

f:id:knakata:20211007175419j:plain

(お亀地蔵の由来)

f:id:knakata:20211007175432j:plain

(寄地蔵)

 桜塚街道は、このあたりで阪神高速池田線を横切り、猪名川に向かったと思われる。

f:id:knakata:20211007175533j:plain

阪神高速池田線)

 高架をくぐると中小の工場が多く、道はわからなくなったが、それらしき雰囲気の小道に出たので、これを桜塚街道と勝手に決めた。

 正面の階段を登って猪名川の土手に上がる。

f:id:knakata:20211007175557j:plain

(それらしき道)

f:id:knakata:20211007175608j:plain

(土手から見る猪名川

 南に利倉橋が見えるので、たぶん正解だろう。

 この橋は最近までリニューアル工事が行われていた。

f:id:knakata:20211007175716j:plain

(利倉橋が見える)

 この橋で猪名川を渡り、尼崎に入っていったそうだ。

f:id:knakata:20211007175808j:plain

(利倉橋) 

 ここから旧猪名川にもどり、「京街道~三国街道」をポタリングした。⇒続く