関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

旧猪名川から新豊島川を源流までポタリング

 先日、豊中 中央環状景観水路という、たいそうな名前だがきれいに整備された水路に沿って、旧猪名川から神崎川の合流地点まで下った。

 今回はその帰りに、旧猪名川を遡り、寸賀尻樋門から新豊島川に沿って走った内容をアップする。

 正面に見えるのは「旧猪名川水門」で左から旧猪名川が右側の神崎川(写真では見えないが)に合流している。

f:id:knakata:20211005174230j:plain

(旧猪名川水門)

 水門の横には「旧猪名川排水機場」があり、大雨時の水位を調整していたのだろう。

 旧猪名川から今の猪名川に水路が変わったので、今は必要ないのだろうか?

f:id:knakata:20211005174335j:plain

(旧猪名川排水機場)

 旧猪名川の西側は、旧猪名川緑地として、散歩道に整備されている。

f:id:knakata:20211005174408j:plain

(旧猪名川緑地)

f:id:knakata:20211005174420j:plain

(きれいな散歩道をひとりでポタリング

 しばらく走ると、写真右の「寸賀尻樋門」に戻ってきた。

f:id:knakata:20211005174453j:plain

(左上の橋の下を行くのが新豊島川 右側の水門を越えて中央環状景観水路)

 旧猪名川はここで終わり、これから先は「新豊島川」になる。

 正面に見える、新豊島川の左側の整備された歩道を遡る。

f:id:knakata:20211005174629j:plain

(ここから階段を使って自転車を担ぎ下ろす)

 寸賀尻樋門を反対側(川上)から見る。

f:id:knakata:20211005174657j:plain

(寸賀尻樋門)

f:id:knakata:20211005174709j:plain

(きれいな散歩道)

 ここで川は道路の下をくぐって、道の反対側に行く。

f:id:knakata:20211005174735j:plain

(あかほばし)

f:id:knakata:20211005174750j:plain

(道路を渡って川は続く)

 ここから400m東の豊中ICの脇に、「島田遺跡記念碑」と「天王山観音堂慰霊碑」があるので行ってみた。

 島田遺跡は、弥生時代後期から中世にまで続く集落遺跡で、猪名川の氾濫でできた微高地にある。

 天王山観音堂慰霊碑の文字は全く読めない。

 バックが廃棄物処理場で、とってつけたようで趣がまったくない。

f:id:knakata:20211005174839j:plain

(左 天王山観音堂慰霊碑と右 島田遺跡記念碑)

f:id:knakata:20211005174855j:plain

(天王山観音堂慰霊碑)

f:id:knakata:20211005174907j:plain

(全く読めない)

f:id:knakata:20211005174922j:plain

(島田遺跡記念碑)

 新豊島川に戻って北上すると、「上津島遺跡説明板」がある。

 このあたりは、集落の遺跡が沢山発掘されたのだろう。

f:id:knakata:20211005174944j:plain

(上津島遺跡説明板)

f:id:knakata:20211005174953j:plain

(きれいな散歩道が続く)

f:id:knakata:20211005175004j:plain

(利倉南遺跡説明板)

f:id:knakata:20211005175018j:plain

(きれいな散歩道が続く)

f:id:knakata:20211005175031j:plain

村合樋門石碑

 このあたりは「新豊島川親水緑道」になっていて、たしかにきれいに整備されている。

f:id:knakata:20211005175250j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20211005175348j:plain

(新豊島川親水緑道はここで終わり)

f:id:knakata:20211002164222p:plain

 ところで、旧猪名川から新豊島川を走りながら、旧猪名川の歴史はどうなっているのか気になっていたので、ネットで調べてみた。

 下の写真、左半分が2021年現在の航空写真(グーグルマップ)で、右半分は1964年の航空写真(国土地理院)で、同じスケールで並べた。

 旧猪名川は寸賀尻樋門で切断されて新猪名川が造られ(年代不明)、北は新豊島川だけになっている。

 また猪名川の氾濫防止の為、昭和40年〜44年に、大きな蛇行部分は直線に修正改造され、蛇行部分は公園になっている。

 (猪名川は梅雨の時の豪雨と、夏から秋にやってくる台風で水害が多かったそうだ)

f:id:knakata:20211005175430p:plain

(旧猪名川 年代別比較)