関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

豊中 中央幹線景観水路をポタリング①

 仰々しい名前の水路だが、中央幹線景観水路は、豊中市立豊島小学校の東門の前から始まり、旧猪名川手前の寸賀尻樋門まで3.3kmにわたる整備された親水水路だ。

f:id:knakata:20211001165010p:plain

(マップ)

 水路の始まりから100mほどは旧能勢街道に沿っていて、旧能勢街道の説明板が立っている。

f:id:knakata:20211001165101j:plain

(旧能勢街道説明板)

f:id:knakata:20211001165124j:plain

(整備された水路)

 地図では豊中ローズ球場の北東角、阪急電車の手前からも水路は始まっているのでチェックした。

f:id:knakata:20211001165210j:plain

(右手前が水路の始まり)

 右下からの水路は豊島小学校の東門の前から始まった水路で、右横からの水路は阪急電車手前からの水路で、ここで交わっている。

f:id:knakata:20211001165237j:plain

(ふたつの水路が一つになる)

 豊中ローズ球場の南面に沿って、東から西に流れている。

f:id:knakata:20211001165336j:plain

(球場の南側)

f:id:knakata:20211001165407j:plain

(横は散歩道にもなっている)

 途中に景観水路マップがあり、書かれている内容から、豊中市下水道部の「思わぬお仕事」を見て頑張っているなと思った。

f:id:knakata:20211001165503j:plain

(景観水路マップ)

f:id:knakata:20211001165515j:plain

(マンションとも上手く調和している)

f:id:knakata:20211001165529j:plain

(かもが餌を食べている)

 豊中市立豊島体育館の前に、「広池跡記念碑」がある。

 このあたり穂積地区の用水の要になったのが広池で、各方面から水が集まっていた。

 しかし、当時の広池は狭く、昭和初期に水路整備事業の一環として整備されたらしい。

f:id:knakata:20211001165615j:plain

豊中市立豊島体育館)

f:id:knakata:20211001165631j:plain

(記念碑)

 少し行ったところの、水が停滞している水路の曲がり角で、40~50cmはありそうな大きな鯉が群れをなしていた。

 口を水面に出してパクパクしているが、何をしているのだろうか?

 もう少し行くと「穂積百日堰」がある。

 堰とは農業用水を川から引くために、川を横断して設置される構造物らしいが、「百日」の意味がわからない。

f:id:knakata:20211001170305j:plain

(百日堰の碑)

f:id:knakata:20211001170317j:plain

(裏に彫られた説明)

 さらに1km南下して、大阪府道606号西宮豊中線を横切る。

f:id:knakata:20211001170342j:plain

大阪府道606号西宮豊中線

f:id:knakata:20211001170401j:plain

(長い信号だった)

 整備された水路が続くが、徐々に幅が広くなってきた。

 この水路に水が流れ込んでいるのだろう。

f:id:knakata:20211001170448j:plain

(整備された水路)

 さらに500m走り、名神高速道路の下を水路がくぐっている。

f:id:knakata:20211001170534j:plain

(正面が名神高速道路)

 豊中 中央幹線景観水路をポタリング②へ続く