関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

箕面川を176号線から猪名川まで自転車で下る

 先日、箕面街道を豊中から箕面山の「一の橋」までポタリングしたが、その帰りに「箕面川」に沿って176号線までの下りをブログにアップした。

 今回は、176号線から猪名川への合流までをアップする。

 

 石橋商店街は東西500m、南北200mで、200以上の店が軒を連ねている。

f:id:knakata:20210930163523j:plain

(奥の赤い橋の下を箕面川が流れている)

 アーケードの上に「ここは能勢街道」と書いてあり、真っすぐ行けば「豊中~岡町」に通じているようだ。

f:id:knakata:20210930163720j:plain

(石橋商店街)

f:id:knakata:20210930163740j:plain

(池田のまち散策案内)

 商店街は、コロナが終息したら、もっともっと賑やかになるだろう。

f:id:knakata:20210930163817j:plain

(商店街を少し入った所)

 1.5km川を下り、中国自動車道を過ぎた左手に、池田市史跡名勝と書かれた「弁慶の泉」がある。

f:id:knakata:20210930163844j:plain

中国自動車道

 源義経と弁慶が、西国街道を通って尼崎へ逃げる時に、この泉で「のどの乾き」を潤したらしい。

 箕面川の伏流水が、湧き出ていると言われている。

f:id:knakata:20210930163910j:plain

(大きな木がある)

f:id:knakata:20210930163922j:plain

(高さ4mの大きな石碑)

f:id:knakata:20210930163936j:plain

(弁慶の泉 由来記)

 あと1kmで、箕面川は猪名川に流れ込む。

f:id:knakata:20210930164012j:plain

(奥に小さく見える橋の向こうが猪名川

f:id:knakata:20210930164024j:plain

ANAが飛び立って行った)

f:id:knakata:20210930164042j:plain

箕面川最後の橋)

f:id:knakata:20210930164103j:plain

猪名川にきれいに合流している)

 猪名川の土手には、離着陸する飛行機のために「誘導灯」が設置されている。

f:id:knakata:20210930164131j:plain

(誘導灯)

 今日の最後の仕上げに、猪名川の土手を気持ちよく自転車で走った。

f:id:knakata:20210930164704p:plain

(マップ)

 秋の紅葉シーズン(11月)に、箕面山の「一の橋」から箕面大滝へ歩き、さらに源流を探すことにする。⇒ 箕面川の源流を探し求めてに続く