関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

箕面川を一の橋から176号線まで自転車で下る

 先日、箕面街道を豊中から「一の橋」までポタリングしたが、その帰りに「箕面川」に沿って、猪名川まで自転車で下った。

 一の橋の手前から、帰路のスタートだ。(一の橋から箕面大滝へは、秋の紅葉シーズンに歩くことにした)

f:id:knakata:20210929170816j:plain

(一の橋をUターンする)

 Uターンしてすぐ右下に、箕面川と鬱蒼とした樹木が見えている。

 この日は休日だったためか、観光客は比較的多かった。

f:id:knakata:20210929171030j:plain

箕面川)

 緑の紅葉(もみじ)も見えていて、秋の紅葉で赤く染まると思うと気持ちはもう秋だ。(緑の紅葉は初めて見た)

f:id:knakata:20210929171151j:plain

(みどりの紅葉)

 箕面観光ホテル(箕面スパーガーデン)の、展望エレベーターから紅葉を見ると絶景だろう。

f:id:knakata:20210929171218j:plain

(展望エレベーター)

f:id:knakata:20210929171357j:plain

箕面川と箕面観光ホテルを振り返る)

f:id:knakata:20210929171409j:plain

(川下に向かって)

 どこでも橋の名前は、付近の景観や土地の由来をもとに、上手くつけられている。(名前を見るのは楽しい)

f:id:knakata:20210929171510j:plain

(紅葉ヶ丘橋)

 きれいな花が咲いていたので、「ハナノナ」アプリで撮影した。

f:id:knakata:20210929171701j:plain

ムクゲ

 案内図によると、次の橋は「阿比太橋」だ。

f:id:knakata:20210929171732j:plain

(桜ヶ丘会案内図)

 阿比太橋からの川沿いの道も、行き止まりだった。

f:id:knakata:20210929171755j:plain

(阿比太橋)

 このあたりは、建武3年(1336)に行われた新田義貞北畠顕家を総大将とする後醍醐天皇軍と、足利尊氏を総大将とする反乱軍の戦いの場となった。

 戦力は合わせて30万人という途方も無い人数で、豊島河原の戦いと言われる。

f:id:knakata:20210929171841j:plain

(川の上流)

f:id:knakata:20210929171856j:plain

(川の下流

 近くに瀬川神社があるが、戦争で亡くなった人を祀ってあるのだろうか。

f:id:knakata:20210929171918j:plain

(瀬川神社)

 少し走って176号線に出た。

f:id:knakata:20210929171937j:plain

(176号線高架)

f:id:knakata:20210929172730p:plain

ポタリング地図)

箕面川を自転車で下る②に続く



 

 

箕面川を下る②に続く