関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

勝尾寺街道を自転車でポタリング②

 勝尾寺街道は、豊中駅の南西300mから東へ始まり、前回の「勝尾寺街道をポタリング①」では、島熊山窯跡付近の北大阪急行電鉄の手前まで走った。

 今回はその高架下をくぐり抜け、北東の中国自動車道手前までの2kmをブログアップする。

 

 大阪急行電鉄の高架をくぐり抜けた50m先に「道標」がある。(右 くまのだ 左 大坂道)

 このあたりの上新田には、5箇所に道標があると書いてある。

 

 そして、「天竺川の源流を探して」のポタリングでも紹介した、「旧新田小学校校舎」が保存されている。

f:id:knakata:20210925172705j:plain

(旧新田小学校校舎)

 明治33年(1900)に建てられ、昭和48年(1973)まで使われた校舎だ。

f:id:knakata:20210925172731j:plain

(木造の校舎)

f:id:knakata:20210925172745j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20210925172757j:plain

文化財の保存にはお金がかかりそうだ)

 そして600m行くと「上新田」に入るが、昭和28年(1953)に大阪府三島郡にあった村が2分割され、大字上新田が豊中市、大字下新田が吹田市編入されたらしい。

f:id:knakata:20210925172829j:plain

(歴史を想像させる上新田集落の説明板)

 勝尾寺街道の要衝であったためか、このあたりには道標が多い。

f:id:knakata:20210925172855j:plain

(左 かちをし 右 さいでら)

 東300mには愛宕神社があり、階段を登った所に「北向き地蔵」がある。

 北向地蔵というのはよくあるが、その意味はなんだろうか考えてみた。

 鬼門という言葉があるが、鬼門は北東を示し鬼が出入りする方角らしい。

 ということは、北を向いて正座することにより鬼を見張っていたのかもしれない。

 そのまま後ろに寝ると、ほぼ南枕になり、昔から「北枕は良くない」と言われていたことにも合いそうだ。(変な理屈だが)

 

f:id:knakata:20210925173140j:plain

(半分埋まっている道標)

f:id:knakata:20210925173156j:plain

(この道標も半分埋まっている)

 このあたりは天竺川沿いで土地が低かったので、徐々に嵩上げされたのだろうか。

f:id:knakata:20210925173226j:plain

(この道標も半分埋まっている)

 勝尾寺街道を自転車でポタリング③へ続く

 

 (すでにブログアップしている能勢街道箕面街道、勝尾寺街道は平地部分を終えて、これから登りの坂道に入っていくが、自転車で疲れそうだ!)