関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

箕面街道を自転車でポタリング②

 堀田公園の右手に、「堀田池謝恩碑」が建っている。

 このあたりの丘陵部では、「月夜に田んぼが焼ける」と言われたように、農業用水の安定した確保と分配に苦労を重ねてきたようだ。

 堀田池は旧野田村のため池で、享保11年(1726)に竣工した。

 このような田んぼを潤した数々のため池は、豊中が住宅都市として発展していく中で埋め立てられ、公園や学校に姿を変えた。

f:id:knakata:20210922135707j:plain

(堀田池謝恩碑)

 裏面には「堀田池縁起」が彫られているが、文字が小さすぎて、ところどころしか読めなかった。(読めば面白そうなので、白か黒の色をつけてほしい)

f:id:knakata:20210922135736j:plain

(堀田池縁起)

 堀田公園から200m東に、堀田池が少し残っている。

 埋め立てられなければ、けっこうな大きな池だったようだ。

f:id:knakata:20210922135834j:plain

(堀田池)

 ここから500m北東に「青池」があり、上野遺跡説明板、青池南湖畔窯跡説明板、青池北畔窯跡説明板が立っている。

 

 さらに600m北に進んで、大阪中央環状線と中国縦貫自動車道が並走する手前に「道標」がある。

 本来はここから100mほど先の、新旧の箕面街道が合流するところにあったが、大阪中央環状線建設の際に現在の場所に移された。

 

 ここから南西に2kmに戻るが、能勢街道から分岐し、新箕面街道が始まる豊中駅近くに道標がある。

 昭和2年3月に建てられたと彫られている。

 梅花女学校と豊中中学校(現在の豊中高校)ができた時に、道がわかりにくくなったために建てられたらしい。

 

 地図の合流地点の「合の文字」の下にうすく青く見えるのが青池で、その下にさらに小さく見える(教習所の習の文字の上)のが堀田池だ。

f:id:knakata:20210922141333j:plain

 箕面街道ポタリング③へ続く