関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

箕面街道を自転車でポタリング①

 能勢街道の阪急曽根駅付近と阪急豊中駅付近の2ヶ所から別れて、「箕面街道」は始まる。

 そして3kmほど北の中国縦貫自動車道を超えた辺りで合流し、箕面大滝の直前まで通じる11kmの道だ。

f:id:knakata:20210921134708j:plain

箕面街道地図)

 今回は阪急曽根駅付近の能勢街道との分岐地点から、箕面山の麓まで自転車でポタリングをして、秋の紅葉シーズンに箕面大滝までの道を紅葉を楽しみながら歩くことにした。

 阪急曽根駅の東500mにある、能勢街道箕面街道の分岐を示す道標からスタートする。

f:id:knakata:20210921134901j:plain

(右 みのをと勝尾寺??道)

 箕面街道を北へ500m行ったところから左手に、150mおきに3つの古墳がある。

 このあたりには豪族が住んでいたのだろう。

f:id:knakata:20210921134949j:plain

南天平塚古墳)

f:id:knakata:20210921135002j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20210921135018j:plain

(御獅子塚古墳)

f:id:knakata:20210921135032j:plain

(大塚古墳)

f:id:knakata:20210921135049j:plain

(説明板)

 さらに500m北へ行くと、南面に「役行者像」が大きく彫り込まれた道標が建っている。

 「すく」というのは、「まっすぐ」と言う意味らしい。

 手前の道を左へ行けば伊丹街道に合流し、右へ行けば勝尾寺街道に合流する。

f:id:knakata:20210921135136j:plain

(すくみのかつをぢ)

 西200mに旧豊中高女の敷地の北に残る、昭和13年に作られた「レンガ塀」がある。

 ここの地名(桜塚)にちなんで、愛らしい桜花形の透かしがあけてある。

f:id:knakata:20210921135247j:plain

(旧豊中高女 現在は男女共学の桜塚高校)

f:id:knakata:20210921135303j:plain

(レンガ塀)

f:id:knakata:20210921135316j:plain

(説明板)

 さらに500m進んだ場所に、高さが1.5m近い大きな「道標」が建っている。

f:id:knakata:20210921135343j:plain

(すぐみのお山 かつおうち道 すぐいたみ 中山道) 

 さらに700m行くと堀田公園があり、公園入口の右手に、寂しそうな雰囲気の「子供の像」がある。

f:id:knakata:20210921135547j:plain

(寂しそうな子供の像)

 左の子供は「何か」を胸に抱いていて、2人の子供の目線はその「抱いているもの」に向かっている。

 右の子供は左の子供の肩に右手を回している。

 抱き方から見て「赤ちゃん」のようにも見えるが、そうであれば夫婦なのか?

 気になり周囲を見回したが、なんの手がかりもなかった。

f:id:knakata:20210921135622j:plain

(左の子供は何かを抱いている)

f:id:knakata:20210921135636j:plain

(周囲を探すが手がかりは全くない)

 ここは現在は堀田公園になっているが、昭和44年に堀田池を埋め立てて整備された。

 左の子供に見える人が愛おしく抱いているのは、この池に落ちて助け上げた子供だろうかと、勝手な想像が巡る。

 豊中箕面街道ポタリング②へ続く