関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

勝尾寺街道を自転車でポタリング①

 勝尾寺街道は、豊中駅の南西300mから東へ始まる。

 スタート後すぐに176号線を横切るが、左手に「旧制豊中中学生爆死記念碑」がある。

 階段を5m登った所に開ける大きな墓地だが、その一角に大きな石碑ある。

 いたる所にこのような戦争被害者の石碑を見るが、戦争の悲惨さを強く感じる。(ご冥福を祈ります)

f:id:knakata:20210918195302j:plain

(階段の上が墓地になっている)

f:id:knakata:20210918195318j:plain

(旧制豊中中学生爆死記念碑)

f:id:knakata:20210918195333j:plain

(爆撃があったのは昭和20年6月/私が生まれる5年前)

 ここから500m行くと豊中水道局があり、その正面入口に「豊中水道発祥の地」と刻まれた大きな自然石の石碑がある。

f:id:knakata:20210918195402j:plain

豊中水道局)

 かつてこの地域は水が乏しく、水質が悪い井戸水に頼っていたらしいが、人口の増加により深井戸を掘り昭和3年から給水を開始した。 

 私もこの水をありがたく頂いています。

f:id:knakata:20210918195433j:plain

豊中水道発祥の地 石碑)

 さらに200m行くと、曽根箕面線と交わる場所に道標がある。

 すぐって書いてあるが、勝尾寺まで15kmはあるんだが、昔はすぐだったんだな!

f:id:knakata:20210918195514j:plain

(すぐみのを山 かつおう寺)

f:id:knakata:20210918195531j:plain

(すぐいたみ 中山みち)

 さらに200m行くと、熊野田小学校の中に「大風雨水害記念碑」が建っている。

 昭和9年(1934)に発生した室戸台風で、熊野田小学校でも5人の児童と校長先生が犠牲になったらしい。

 室戸台風の人的被害は、「死者2,702人、不明334人、負傷14,994人」と甚大だ。

f:id:knakata:20210918195600j:plain

(学校の中にあり、入るのに手間取った)

 そして300m行くと寄地蔵がある。

 交差する道の中央にあり、交差する車に注意を呼びかけている。

f:id:knakata:20210918195702j:plain

(道中央の寄地蔵)

f:id:knakata:20210918195734j:plain

(きっちりと花が添えられている)

 さらに2km行くと、左1kmに島熊山窯跡がある。

 東豊中と新千里南町との境をなす丘陵部の頂上付近には、多数の須恵器(すえき)片や焼土、窯壁破片を含んだ灰原(はいばら)が広がっていたらしい。

 舗装されていない道を走るのは楽しい。

勝尾寺街道を自転車でポタリング②へ続く