関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

豊中 天竺川の源流を探し求めてポタリング②

 天竺川の源流を求めてポタリング①(前回)は、神崎川との合流場所から旧大阪中央環状線と交わる場所までの5kmだった。 

 今回は、ここから3kmをブログアップする。

f:id:knakata:20210916101137j:plain

(昇降が疲れるため、高架歩道を渡る人は見たことがない)

f:id:knakata:20210916101219j:plain

(左が兎川・右が天竺川)

 高架歩道の上からビデオを撮ったが、水の流れを見ていると、なぜか心が落ち着く。

 右の天竺川に沿ってポタリングを始める。

 天竺川の右側は旧大阪中央環状線で、車が多く自転車で走りにくいので、左側を走り出した。

 住宅が川にピッタリとひっついて建てられているため、しばらくは裏の小道を走った。

 右の住宅のすぐ右が天竺川だが、しばらく走っていると、川のそばに出ることができた。

 ネットフェンスの右が天竺川だ。

 走り出してから1kmで、旧大阪中央環状線をくぐる。

 3人が信号待ちをしているが、コロナ対策のマスクをしているため、個人情報を消す画像修正をしなくて済む。

f:id:knakata:20210916102728j:plain

(左上が天竺川の上流)

f:id:knakata:20210916102831j:plain

(マンションと住宅の間を流れている)

 少し走るときれいな花が咲いていた。

 「ハナノナ」というスマホのアプリで撮影すると、名前と的中確率が表示される。(便利な無料アプリだ)

f:id:knakata:20210916102901j:plain

ランタナ

f:id:knakata:20210916102941j:plain

(キバナコスモス)

このあたりの川にはホタルが出るのか、「天竺川ホテルの会」の看板が立っていた。

 「アドプト・リバー」という名前を時々見るので調べてみると、「住民団体や企業などの方々による河川の自発的な清掃・美化活動」と書いてあった。

f:id:knakata:20210916103031j:plain

(なるほど、この活動は必要だ!)

 もう少し行くと、旧大阪中央環状線沿いに「二ノ切池」があり、「謝恩碑」が建っている。

 樹木にさえぎられて、道路からは見えない。

f:id:knakata:20210916103357j:plain

(右に排水口が見えるが、水位が高くなると天竺川に放流するのではないかと想像する)

f:id:knakata:20210916103417j:plain

(二ノ切謝恩碑)

f:id:knakata:20210916103505j:plain

(裏面には”二ノ切池縁起”が彫られてるが、読むと面白い)

 となりに最近リニューアルした温水プールがあり、コロナが終息したら泳ぎたい。(コロナ前は週に1回は泳いでいた)

 ここからではわからないが、たぶん天井は開閉式だろう。(以前はそうだった)

f:id:knakata:20210916103604j:plain

(二ノ切温水プール

さらに1km走ると、天竺川は北大阪急行電鉄の高架下をくぐる。

f:id:knakata:20210916103645j:plain

(左-千里中央駅・右-桃山台駅)

f:id:knakata:20210916103659j:plain

(高架下をくぐる天竺川)

f:id:knakata:20210916104353j:plain

ポタリング地図)

⇒ 天竺川の源流を求めて③に続く