関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

豊中 能勢街道③(曽根駅〜服部天神駅)を自転車でポタリング

 曽根駅の東北方向の箕面街道の分岐道標から南へ300m歩くと、右手100mにある176号線を超えて50m辺り、西琳寺の前に「おかげ灯籠」がある。

 曽根駅の東400mだが、駐車場の隅にあるのは少し残念だ。

f:id:knakata:20210902131432j:plain

(西琳寺)

f:id:knakata:20210902131458j:plain

「おかげ灯籠」は、ここの村の年齢集団「若中」により建立された「おかげ参り」ゆかりの灯籠だ。

 天からお札が降ってくるなどの出来事をきっかけに、庶民が熱狂的に伊勢神宮へ参拝したという、江戸時代の社会現象が「おかげ参り」らしい。

 グーグルマップで曽根駅から伊勢神宮までの距離を見ると、歩いて片道153kmなので往復300kmになる。

 毎日30km歩いても10日になり、休息日を入れると2週間以上になるが、今と違って昔の旅行は「大決心」が必要だったと思う。 

f:id:knakata:20210902131537j:plain

(おかげ灯籠)

f:id:knakata:20210902131547j:plain

f:id:knakata:20210901094211p:plain

ここから南へ400m歩くと、能勢街道沿いに第四中学校がある。

f:id:knakata:20210902131708j:plain

 学校の南面のフェンス際に、「烏塚(からすづか)」と「帰塚(かえりづか)」が100m離れて建っている。

 塚とは「お墓」のことだ。

 吹田垂水の「雉子鳴き道」に残る、長柄橋の人柱にまつわる「雉も鳴かずば打たれまい」という言葉が有名だが、同じような話がここに残っているようだ。

 物言わぬ嫁を帰す道中で、この近くの天竺川付近で雉が泣いて…雉を埋めたのが「帰塚」で、同時に射られた烏を埋めたのが「烏塚」という話だ。

f:id:knakata:20210902131808j:plain

(烏塚(からすづか))

f:id:knakata:20210902131816j:plain

(帰塚(かえりづか)) 

 また、武庫川にかかる「雉ガ坂」にも話が残っている。

 どのような鳴き声か気になり、ネットを見たらアップされていた。  

 特徴のある「アーアーとか、ヒューヒューとかいう警笛」のようで、びっくりするような鳴き声だ。

 聞きたくなる「うぐいす」とは違って、決して心地良いような鳴き声ではない。 

 

能勢街道(4)へ続く