関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

尼崎にある水堂宝篋印塔(ほうきょういんとう)・五輪卒塔婆(そとば)

 武庫川の東1km、JR神戸線の北側を自転車で探し歩き、住宅建設前の地盤工事中の傍らに「水堂宝篋印塔」の説明板を見つけた。

f:id:knakata:20210831202045j:plain

(水堂宝篋印塔説明版)

 本体は隣の常春寺にあり、入らせてもらい写真を撮った。

f:id:knakata:20210826094613j:plain

(常春寺)

f:id:knakata:20210826093426j:plain

(水堂宝篋印塔)

 宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、墓塔・供養塔などに使われる仏塔の一種で、五輪塔とともに、石造の遺品が多いらしい。

 この宝篋印塔は高さ2m48cmと、私の背丈よりもかなり高い。

 平成6年に、北50mの場所からこの常春寺内に移転されたそうだが、周囲の地形から察するに、たぶん住宅建築のためだろう。

f:id:knakata:20210825191948p:plain

 豊中の自宅までの帰り道、水堂宝篋印塔から東へ1kmのところに「五輪卒塔婆」があった。

 卒塔婆とは、故人や先祖の供養のために用いる細長い板のことだが、これは、仏舎利を安置した建造物(仏塔)らしい。

(五輪卒塔婆