関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

豊中と池田にある古墳:南天平塚古墳(豊中)・茶臼山古墳(池田)

 阪急宝塚線 岡町駅から東に歩いて176号線を横切り、約10分で「豊中南平塚古墳」に着く。

 桜塚古墳群の一つで、豊中市の中央部一帯に4世紀末から5世紀末にかけて造られた、北摂でも有数の中期古墳群だ。

 かつては36基の古墳があったようだが、現在は阪急宝塚線の西側に大石塚古墳、小石塚古墳、東側に大塚古墳、御獅子塚古墳とこの南天平塚古墳の計5基を残すのみだ。

 南天平塚古墳は御獅子塚古墳の南方100mにあり、全長28mの帆立貝式前方後円墳だったとされているが、現在は墳丘の一部を残すのみだ。

f:id:knakata:20210825191652j:plain

豊中 南平塚古墳)

f:id:knakata:20210825191707j:plain

 駅チカの住宅街の中に、このような文化財を残すのは困難だったのだろう。

f:id:knakata:20210825191948p:plain

 阪急池田駅の北東1kmに、大きな茶臼山古墳がある。

 4世紀末から5世紀初めに造られた全長90mの前方後円墳で、山口県平生町の白鳥古墳に次ぐ大きさらしい。

 自転車で周囲を走った。

(池田 茶臼山古墳) 

 古墳の上から周囲を見回すと大阪がきれいに見えた。

 そういえば古墳の立地はほとんどが高台だ。