関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

尼崎にある雉ガ坂伝説地・神埼一心の戦 由来碑

 阪神電車武庫川を渡る線路の東側、北500mの旧国道に沿って、「雉ガ坂」がある。

 傾斜のある坂で、自転車で登ったがそこそこ足が疲れた。

f:id:knakata:20210822132524j:plain

(雉ガ坂説明板)

 この写真の後は武庫川の堤防になっている。

 説明文を読むとなかなか面白い。

 「本能寺の変織田信長明智光秀に殺害されたことを知った羽柴秀吉は、岡山から急遽引き返してきた。

 一方、光秀軍は武庫川近くで秀吉を打ち破ろうと待ち構えていた。

 秀吉軍が武庫川近くに来ると、対岸の竹藪から慌ただしく雉が飛び立つのが見え、待ち伏せを悟った。

 そして進路を変えて光秀軍の背後から攻め勝った」

f:id:knakata:20210822132600j:plain

 雉については、吹田の垂水神社参道に「雉子畷(ナワテ)/大阪の長柄橋に残る人柱伝説の伝承地」があり、「キジも鳴かずば撃たれまい」という言葉で知られている。(後日紹介します)

f:id:knakata:20210822132626j:plain

  帰り道にこの「一心地蔵尊」の南側の道から神崎川の土手に上がっていくが、尼崎の文化財案内マップには出ていないが、ふと気になって自転車から降りた。

  石碑には「神崎一心の戦 由来碑 - 足利高氏 建武中興の恩賞に不平 反逆して鎌倉に走る・・・楠木正成軍 遅ればせながら参加・・・」とあり、心は昔にタイムスリップした。

f:id:knakata:20210822133343j:plain

 今の平和を心から喜びたい。