関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

尼崎にある大物公園のD51(蒸気機関車)

大阪梅田駅から阪神本線に乗り、約15分で大物(だいもつ)駅に着く。

大物川緑地(地図の緑の部分)は、駅の南東側から北へ、西へ、南へと緑地の中を通る道で広がっている。

この道は歴史の散歩道とも言われ、様々な文化財を見ることが出来る。

散策するのに23時間は必要だ(私は折り畳み自転車で回った)が、素晴らしかった。

f:id:knakata:20210816160816j:plain

(歴史の散歩道)

大物公園入り口には説明板が立っている。

この説明板を5分ほど見ていて、長袖のTシャツの上から腕の部分を2箇所蚊に刺された。(かゆい!)

f:id:knakata:20210816160910j:plain

(大物公園)

f:id:knakata:20210816161000j:plain

そして大物公園に入って左側へ100mほど歩くと、D51蒸気機関車(SL)が柵に囲まれて私を待っていた。

昭和48年からここに設置されている。

f:id:knakata:20210816161038j:plain

D51

このD51昭和11年3月に製造された初期型で、主に貨物輸送が目的に造られた。(私より14歳上だ)

f:id:knakata:20210816161132j:plain

しっかりと塗装でメンテナンスされているが、さすがに年輪を感じさせる。

どこでだったかは忘れたが、蒸気機関車には過去に一度乗ったことがあるので、じっと見ていると蒸気を吐いて走っている姿が目に浮かんできた。

黒煙を出すため、トンネルに入るときには窓を閉める必要があった。

月に一回開放日があり、運転席の操作レバーや各種計器に触れることができ、運転士の気分を味わえるチャンスとなっている。

この日は開放日ではなかったので、一人でしっかりと楽しむことが出来た。

f:id:knakata:20210816161150j:plain

f:id:knakata:20210816161311j:plain