関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

石碑

糸田川の源流を探してポタリング

糸田川は、吹田市の阪急豊津駅付近が源で、南西方向に流れ、南吹田にある五反島公園付近の神崎川に合流する一級河川だ。 千里丘陵(千里山東2付近)が源流の「上の川」が、豊津駅付近で糸田川に接続している。(上の川は、昭和20年頃、糸田川と認識されてい…

吹田街道を服部天神宮からポタリング②

吹田街道は、阪急宝塚線の服部天神駅付近で、南北に走る能勢街道から東に分かれて、吹田の南高浜町に至る。 ネットで古い地図を探し出して、現在の地図と見比べて、街道の道を想像しながら、前回は阪神高速道路手前まで走った。 今回は阪神高速道路を越えて…

吹田街道を服部天神宮からポタリング①

吹田街道は、阪急宝塚線の服部天神駅付近で、南北に走る能勢街道から東に分かれて、吹田の南高浜町に至る。 この街道をポタリングするにあたり、古い地図をネットで探し出して、現在の地図と見比べて、街道の道を想像しながら走った。 (現在の地図) 古い地…

旧能勢街道を豊中から石橋までポタリング

南から続く能勢街道から、勝尾寺街道が分かれる。 その分かれとなる阪急豊中駅付近の栄地蔵から、「旧能勢街道」を北にポタリングした。 そして、石橋駅の商店街を過ぎた新能勢街道と交わる地点で折り返し、新能勢街道に沿ってスタート地点に戻った。 (ポタ…

三国街道・高川(途中まで並走)をポタリング①

先日ポタリングした京街道(旧猪名川にかかる椋橋〜神崎川の目いぼの渡し)は、神崎川の目いぼの渡しで名前が「三国街道」に変わり、高川に沿って北上する。 今回は三国街道の終点(旧新田小学校)までと、高川の源流までを合わせてアップする。(70%くらい…

京街道を旧猪名川から高川までポタリング

豊中市の南、神崎川に並行して「旧猪名川」から「高川」まで結ぶ「京街道」が、「とよなか歴史・文化財マップ」に書かれていたので、自転車でポタリングした。 (京街道) スタートは、旧猪名川にかかる「椋橋(くらはし)」で、旧猪名川緑地の入り口でもあ…

旧猪名川から新豊島川を源流までポタリング

先日、豊中 中央環状景観水路という、たいそうな名前だがきれいに整備された水路に沿って、旧猪名川から神崎川の合流地点まで下った。 今回はその帰りに、旧猪名川を遡り、寸賀尻樋門から新豊島川に沿って走った内容をアップする。 正面に見えるのは「旧猪名…

豊中 中央幹線景観水路をポタリング②

中央幹線景観水路は、豊中市立豊島小学校の東門の前から始まり、旧猪名川手前の寸賀尻樋門まで3.3kmにわたる、整備された親水水路だ。(樋門とは逆流防止施設) ①では名神高速道路の北側までをアップしたが、今回はそれ以降の寸賀尻樋門(景観水路の終点)を…

豊中 中央幹線景観水路をポタリング①

仰々しい名前の水路だが、中央幹線景観水路は、豊中市立豊島小学校の東門の前から始まり、旧猪名川手前の寸賀尻樋門まで3.3kmにわたる整備された親水水路だ。 (マップ) 水路の始まりから100mほどは旧能勢街道に沿っていて、旧能勢街道の説明板が立っている…

箕面川を176号線から猪名川まで自転車で下る

先日、箕面街道を豊中から箕面山の「一の橋」までポタリングしたが、その帰りに「箕面川」に沿って176号線までの下りをブログにアップした。 今回は、176号線から猪名川への合流までをアップする。 石橋商店街は東西500m、南北200mで、200以上の店が軒を連…

勝尾寺街道を自転車でポタリング②

勝尾寺街道は、豊中駅の南西300mから東へ始まり、前回の「勝尾寺街道をポタリング①」では、島熊山窯跡付近の北大阪急行電鉄の手前まで走った。 今回はその高架下をくぐり抜け、北東の中国自動車道手前までの2kmをブログアップする。 大阪急行電鉄の高架をく…

箕面街道を自転車でポタリング③

赤い線の「箕面街道」に沿って、今日のスタートからゴールまでを自転車でポタリングした。 今日のゴール以降の「滝道」は、秋の紅葉シーズンに歩くことにする。 (今日のポタリング地図) 左手前にある道標は、新旧箕面街道が合流する地点に建っていたが、中…

箕面街道を自転車でポタリング②

堀田公園の右手に、「堀田池謝恩碑」が建っている。 このあたりの丘陵部では、「月夜に田んぼが焼ける」と言われたように、農業用水の安定した確保と分配に苦労を重ねてきたようだ。 堀田池は旧野田村のため池で、享保11年(1726)に竣工した。 このような田…

箕面街道を自転車でポタリング①

能勢街道の阪急曽根駅付近と阪急豊中駅付近の2ヶ所から別れて、「箕面街道」は始まる。 そして3kmほど北の中国縦貫自動車道を超えた辺りで合流し、箕面大滝の直前まで通じる11kmの道だ。 (箕面街道地図) 今回は阪急曽根駅付近の能勢街道との分岐地点から、…

勝尾寺街道を自転車でポタリング①

勝尾寺街道は、豊中駅の南西300mから東へ始まる。 スタート後すぐに176号線を横切るが、左手に「旧制豊中中学生爆死記念碑」がある。 階段を5m登った所に開ける大きな墓地だが、その一角に大きな石碑ある。 いたる所にこのような戦争被害者の石碑を見るが、…

宝塚 小浜宿(こはまじゅく)を自転車でポタリング②

小浜資料館は小浜宿の中央に位置し、前の道は「メインストリート」で、道を挟んで小浜宿の説明板がある。 (小浜資料館) (資料館の前道を挟んで並ぶ小浜宿案内、お地蔵さん) (宿場町・小浜の歴史説明板) このあたりは、1995年1月17日の阪神淡路大震災で…

尼崎にある岡院(ごいん)の石棺・御園古墳・塚口城跡

阪急神戸線の園田駅と塚口駅の中間、線路のすぐ北側に「岡院(ごいん)の石棺」がある。 見つけやす場所だった。 岡院の用水路の上にあり、説明板には「スズリ橋と称せられ保存されてきた」と書いてあるが、まさかこの上を歩いたのではないだろう。 長さ191c…

尼崎から宝塚の 武庫川の渡しを探す

武庫川は丹波篠山付近を源流として、南の瀬戸内海に流れ込み、宝塚には「伊孑志(いそし)の渡し」、尼崎には「髭の渡し」があった。 現在はその石碑が残っている。 宝塚市役所から宝塚新大橋を超えて、武庫川沿いに土手道を200m上流へ歩くと、伊孑志の渡し…

豊中 能勢街道④(服部天神駅〜神崎川)を自転車でポタリング

曽根駅のひと駅大阪寄り(南へ1km)が「服部天神駅」で、すぐそばに足の神様で有名な「服部天神宮」がある。 私は過去に何回かお参りしている。 (176号線側からの写真) (反対側からの写真) 入った左側には、「足踏み石」祈願台座がある。 延期元年(901…

豊中から吹田 神崎川の渡しを探す②

神崎川の三国の渡し碑から上流へ1km行くと、土手に「目いぼの渡し碑」が建っている。 平成元年とあるから、この碑は比較的新しい。 この「目いぼの渡し」は、歴史的には「小曽根の渡し」として知られていて、江戸時代にはさまざまな人や物の移動で賑わってい…

豊中 能勢街道③(曽根駅〜服部天神駅)を自転車でポタリング

曽根駅の東北方向の箕面街道の分岐道標から南へ300m歩くと、右手100mにある176号線を超えて50m辺り、西琳寺の前に「おかげ灯籠」がある。 曽根駅の東400mだが、駐車場の隅にあるのは少し残念だ。 (西琳寺) 「おかげ灯籠」は、ここの村の年齢集団「若中」…

豊中 神崎川の渡しを探す①

現在は神崎川を渡る橋は整備され、車で自由に行き来できるが、かつて(江戸時代)は、神崎川(昔は三国川と呼んでいたらしい)には橋がなく、かなり不便だったようだ。 そのため、豊中地区の神崎川には「3つの渡し」があった。 南からまず「州至止の渡し(す…

豊中 能勢街道②(岡町駅〜曽根駅)を自転車でポタリング

岡町商店街を南へまっすぐ50m歩くと商店街が交差するが、そこを右手に進む。 100mほど歩いて阪急岡町駅の高架をくぐり、さらに100m歩くと右手に岡町図書館がある。 その入口の左に、「峠三吉顕彰詩碑」がある。 ちちをかえせ ははをかえせ としよりをかえせ …

尼崎にある大井戸古墳・水堂古墳

阪急武庫之荘駅の南400mに大井戸公園があり、その中に「大井戸古墳」がある。 公園の中を細い水路が通っているが、その水路は「蓬川(よもがわ)」に合流して大阪湾に流れ込む。 この尼崎一帯には「武庫川」「猪名川」「神崎川」の大きな川と「庄下川」「蓬…

尼崎にある西武庫十三重塔・守部十三重塔

武庫川の東300m、国道171号線の南800mにある須佐男神社に入って右奥に、「西武庫十三重塔」が建っている。 大きな石塔なのですぐにわかる。 説明板には、「鎌倉時代後期の層塔で、阪神地区における代表的遺品の一つ。元応2年(1320)に両親を供養するために…

豊中にある雨乞の種取池・豊中水道発祥の地

豊中緑地公園の西200mに皿池公園があり、その中に「雨乞の種取池」という面白い名前の池がある。 もともとは公園全体が池であったが、埋め立て整備を行い、公園と1/25の大きさの人工池(雨乞の種取り池)が誕生した。 この公園では、多くの子供達が元気よく…

尼崎にある水堂宝篋印塔(ほうきょういんとう)・五輪卒塔婆(そとば)

武庫川の東1km、JR神戸線の北側を自転車で探し歩き、住宅建設前の地盤工事中の傍らに「水堂宝篋印塔」の説明板を見つけた。 (水堂宝篋印塔説明版) 本体は隣の常春寺にあり、入らせてもらい写真を撮った。 (常春寺) (水堂宝篋印塔) 宝篋印塔(ほうきょ…

豊中と池田にある古墳:南天平塚古墳(豊中)・茶臼山古墳(池田)

阪急宝塚線 岡町駅から東に歩いて176号線を横切り、約10分で「豊中南平塚古墳」に着く。 桜塚古墳群の一つで、豊中市の中央部一帯に4世紀末から5世紀末にかけて造られた、北摂でも有数の中期古墳群だ。 かつては36基の古墳があったようだが、現在は阪急宝塚…

豊中にある大塚古墳・御獅子塚古墳

阪急宝塚線 岡町駅から東に歩いて176号線を横切り、約10分で大塚公園に着く。 この大塚公園には、5世紀初めに造られた桜塚古墳群最大の円墳がある。 (大塚公園) 周辺が住宅地でありながら、大きな木を残して古墳をしっかりと守っている。 昭和58年(1983年)…

尼崎にある雉ガ坂伝説地・神埼一心の戦 由来碑

阪神電車が武庫川を渡る線路の東側、北500mの旧国道に沿って、「雉ガ坂」がある。 傾斜のある坂で、自転車で登ったがそこそこ足が疲れた。 (雉ガ坂説明板) この写真の後は武庫川の堤防になっている。 説明文を読むとなかなか面白い。 「本能寺の変で織田信…