関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

建造物

勝尾寺街道を自転車でポタリング②

勝尾寺街道は、豊中駅の南西300mから東へ始まり、前回の「勝尾寺街道をポタリング①」では、島熊山窯跡付近の北大阪急行電鉄の手前まで走った。 今回はその高架下をくぐり抜け、北東の中国自動車道手前までの2kmをブログアップする。 大阪急行電鉄の高架をく…

豊中 天竺川の源流を探し求めてポタリング③

天竺川の源流を求めて②(前回)は、北大阪急行電鉄の高架下をくぐる場所までの3kmだった。 (前に見えるのは北大阪急行電鉄の高架) 今回は源流らしき池を見つけた場所まで、ここから5kmの自転車ポタリングをブログアップする。 高架下をくぐってすぐに「旧…

宝塚 小浜宿(こはまじゅく)を自転車でポタリング②

小浜資料館は小浜宿の中央に位置し、前の道は「メインストリート」で、道を挟んで小浜宿の説明板がある。 (小浜資料館) (資料館の前道を挟んで並ぶ小浜宿案内、お地蔵さん) (宿場町・小浜の歴史説明板) このあたりは、1995年1月17日の阪神淡路大震災で…

宝塚 小浜宿(こはまじゅく)を自転車でポタリング①

先日、ゴルフの帰りに時間があったので、宝塚の小浜宿にある毫摂寺(ごうしょうじ)の近くのパーキングに車を停め、積んでいた折りたたみ自転車で「小浜宿」をポタリングしてきた。 小浜宿は中国自動車道宝塚ICの西500mにあり、名前が示すように平安時代まで…

尼崎にある尼崎城・富松城址

尼崎城は、元和3年(1617)に尼崎藩主となった戸田氏鉄が、翌元和4年から大阪城の西の固めとして築城にとりかかり、数年の後完成させた。 川と海に面した地理的条件を巧みに利用し、城地は300m四方で海陸両面の備えとして設計された。 阪神本線大物駅の南500…

豊中 千里川の源流を探し求めて自転車でポタリング①

猪名川は大阪の箕面山から流れ出して猪名川に合流するが、今回は友人のアドバイスも有り、猪名川の合流地点から箕面山の源流に遡ることにした。 まず、猪名川への合流地点だ。 (猪名川との合流地点) 合流地点をあとにして、源流に向けてマウンテンバイクで…

豊中 能勢街道④(服部天神駅〜神崎川)を自転車でポタリング

曽根駅のひと駅大阪寄り(南へ1km)が「服部天神駅」で、すぐそばに足の神様で有名な「服部天神宮」がある。 私は過去に何回かお参りしている。 (176号線側からの写真) (反対側からの写真) 入った左側には、「足踏み石」祈願台座がある。 延期元年(901…

豊中と池田にある古墳:南天平塚古墳(豊中)・茶臼山古墳(池田)

阪急宝塚線 岡町駅から東に歩いて176号線を横切り、約10分で「豊中南平塚古墳」に着く。 桜塚古墳群の一つで、豊中市の中央部一帯に4世紀末から5世紀末にかけて造られた、北摂でも有数の中期古墳群だ。 かつては36基の古墳があったようだが、現在は阪急宝塚…

豊中にある大塚古墳・御獅子塚古墳

阪急宝塚線 岡町駅から東に歩いて176号線を横切り、約10分で大塚公園に着く。 この大塚公園には、5世紀初めに造られた桜塚古墳群最大の円墳がある。 (大塚公園) 周辺が住宅地でありながら、大きな木を残して古墳をしっかりと守っている。 昭和58年(1983年)…

尼崎にあるユニチカ記念館・阪神電鉄旧尼崎発電所

神崎川の西側、阪神高速道路の北すぐに、ユニチカ記念館(旧尼崎紡績本社事務所)がある。 赤レンガ造りのなかなか洒落た洋風建築で、明治33年(1900)に建設され、尼崎市内では最も古い。 (ユニチカ記念館(旧尼崎紡績本社事務所)) この日は閉鎖されてい…

西宮にある阪神電車武庫川線をビデオに撮る

西宮歴史散歩 案内マップを見ていたら、武庫川沿いに「武庫川線廃線跡」のマークを見つけた。 この武庫川線は、戦前に軍需工場への従業員や資材輸送のために建設されたらしい。 終戦で運行を休止されたが、現在は武庫川駅から武庫川団地前駅まで再開延伸され…