関西 「川の源流探し」と「街道ポタリング」

関西の河川の源流や街道を自転車で走り、歩いて、見て紹介します。

正雀川を見失って、山田川をポタリング

 先日、正雀川の源流を探しのポタリングをしたが、途中で「山田川」の標識を見て、間違っていることに気がついた。(残念!)

f:id:knakata:20211025152113j:plain

山田川の標識)

 どうしようかと思ったが、どこで間違えたかもわからないので、「山田川の源流探し」に切り替えてポタリングすることにした。

 家に帰って地図を見たところ、岸辺駅を越えて、国立循環器病研究センターに沿って走ったが、距離にして400m走り過ぎていたようだ。

 正雀川の源流「海老ヶ池」を目指していたのだが、次の機会にする。

f:id:knakata:20211025152218p:plain

(間違っていたルート)

 山田川の標識を過ぎて、川の左右どちら側を走れば気持ち良いか考えた。

f:id:knakata:20211025152240j:plain

(道路の向こうが山田川

 道路を渡って左右を見たが、左右とも住宅がひっついていて、残念ながらどちらにも道はなかった。

f:id:knakata:20211025152312j:plain

(川沿いの左右が通れない)

 ところどころ川沿いに走れるが、すぐに行き止まりになる。

 ただ、川の雰囲気は良い。

f:id:knakata:20211025152335j:plain

(川らしい山田川

f:id:knakata:20211025152344j:plain

(川らしい山田川

 正面は名神高速道路だ。

f:id:knakata:20211025152402j:plain

名神高速道路)

 名神高速道路の下を、山田川は流れる。

f:id:knakata:20211025152422j:plain

名神高速道路と山田川

f:id:knakata:20211025152435j:plain

(山田名神下の標識)

 これからポタリングする方向を眺めたら、古い家並みが見えて楽しめそうだ。

f:id:knakata:20211025152455j:plain

(古い家並み)

 しかし、なかなか川沿いは走れない。

f:id:knakata:20211025152519j:plain

(川に沿って民家が建っている)

 1920年の古い地図で見たら、このあたりは山田川に沿って幅100mで長さ2kmほどの、大きな集落だったようだ。

 集落の回りは、田んぼと丘陵だ。

f:id:knakata:20211025152701j:plain

(雰囲気のある山田川

 古い民家があったので、ビデオを撮りながらポタリングした。

 古い民家と狭い道は、心が落ち着く。(新しい家も建ってます)

 今日は北風が強く寒くなったので、風よけの使い捨てポンチョを着た。(軽くて便利だ)

 

 

 山田川を横切って、古い民家を探す。

 このあたりで、ゴルフ仲間のOさんから電話があり、明日ゴルフに行きませんか?

 足の疲れは少しあるものの、即OKと返事し、山田川の源流探しは後日の楽しみにして帰ることにした。

 

 

 この道は山田街道のようで、上新田に通じている道を走った。

f:id:knakata:20211025152946j:plain

(山田街道の道標)

 少し走ると、中国縦貫道が見えて来た。

f:id:knakata:20211025153010j:plain

(正面は中国縦貫道)

 帰路で、ところどころ写真を撮った。

 (心は明日のゴルフにあり)

f:id:knakata:20211025153035j:plain

山田川流入する支流と九十九橋

f:id:knakata:20211025153048j:plain

(中国縦貫道の下をくぐる)

f:id:knakata:20211025153059j:plain

(何回も走った上新田に戻った)

f:id:knakata:20211025153121j:plain

(上新田集落と道標)

f:id:knakata:20211025153131j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20211025153143j:plain

(以前に源流を探した天竺川)

f:id:knakata:20211025153211j:plain

(旧新田小学校⇒今は廃校)

 早く帰って、明日のゴルフの準備にとりかかろう!

正雀川の源流を探してポタリング

 安威川京都府亀岡市に源を発して南下し、阪急京都線相川駅付近で神崎川に合流する。

 正雀川は千里丘陵を源として、安威川の3km上流に合流する一級河川だ。

 今回のブログは、神崎川から安威川ポタリングして、正雀川の安威川合流地点から遡り、源流までの予定だった。

f:id:knakata:20211022171123p:plain

ポタリング・マップ)

 国道479号線にかかる、吹田大橋が正面に見える。

 その奥の右下に、神崎川安威川が分岐する三角地点が(わかりにくいが)ある。(ビデオの15秒くらい)

 

 

 吹田大橋をくぐり、4km走ると、正雀川の合流地点だ。

 残念ながら1km手前で、進入禁止になっていて、左側の階段を自転車を持ち上げて土手に出て、合流地点を目指す。(ああしんど!)

 

 正面が正雀川で、赤い歩道が橋になっている。

f:id:knakata:20211022171437j:plain

正雀川)

 右手の合流箇所を写真に撮った。 

 下に降りることが出来なくて残念だった。

f:id:knakata:20211022171453j:plain

正雀川と安威川の合流地点)

 正面に見えるのは安威川橋で、147号線になっている。

f:id:knakata:20211022171512j:plain

安威川橋)

 正雀川の左右の道のどちらを走るか考えて、「左側通行」に決めた。

 私は左側を走って、首を右に向けて右側を見るのが、なぜか慣れている。

 北西を向いているので、奥に見えるのが箕面山だ。

f:id:knakata:20211022171533j:plain

正雀川を正面に北西側を向いた写真)

 正雀川沿いを1km走ったら、川の上に自転車が並んでいた。

f:id:knakata:20211022171554j:plain

正雀川の上の駐輪場)

 川の上の空間の有効活用だが、川がかわいそうな感じがした。

 (川は利用されて、感謝しているかもしれない)

 利用料金の1日110円、1ヶ月1,570円は、川の清掃費用に還元してあげたら川も喜ぶだろう。

f:id:knakata:20211022171615j:plain

(駐輪場の利用案内)

 阪急京都線正雀駅の下を、正雀川が流れている。

f:id:knakata:20211022171635j:plain

(正面は駅のホーム)

 線路を超える踏切を見つけるのに、左に走ることにした。

f:id:knakata:20211022171656j:plain

(線路に沿って走る)

 線路に沿って300m走って、人だけ通れる踏切に出た。

f:id:knakata:20211022171724j:plain

正雀駅西側の踏切)

 駅の反対側も立派な駐輪場だ。

f:id:knakata:20211022171746j:plain

(駐輪場)

 100m先に、使われていない水門がある。

 何のために造られたのだろうか?

f:id:knakata:20211022171812j:plain

 (水門)

 上の写真の橋を右に渡り、正雀川の右側を500m走るとJR京都線の線路に出た。(ビデオの終わり部分)

 川は線路の下をくぐる。

 

 

 この線路群は100m以上の幅があり、圧巻だ。

 左手に「JR京都線岸辺駅」が見え、駅を渡って向こう側に出るとする。

f:id:knakata:20211022172007j:plain

JR京都線岸辺駅

 駅にはエレベータがあり、自転車を楽に運べた。

 非常に長い駅だ。

 昼間のためか、人は少ない。

f:id:knakata:20211022172045j:plain

(自転車を押し歩き)

 途中で、東を向いて写真を撮った。

f:id:knakata:20211022172107j:plain

(マンションと線路)

 下の写真は、上の写真の左側の建物(国立循環器病研究センター)だ。

f:id:knakata:20211022172130j:plain

(立派な国立循環器病研究センター)

 線路の北側はきれいな遊歩道で、のんびりとポタリングを楽しんだが北風が強かった。

 大きなマンションが建っている。

 

 

 線路の下をくぐるコンクリートの水路に出たが、後でわかったが、ここで間違ってしまった。(気持ちよく少し走りすぎたのだ)

f:id:knakata:20211022172205j:plain

(線路をくぐった水路)

 コンクリートの水路は川に変わり、川沿いにポタリング

f:id:knakata:20211022172227j:plain

正雀川?)

f:id:knakata:20211022172240j:plain

正雀川?)

 ここで、山田川を走っていた事に気づいた。(???)

f:id:knakata:20211022172308j:plain

山田川と書いてある)

 ⇒ 続く

 

 

 

糸田川の源から上の川の源流を探してポタリングに続く

 千里丘陵千里山東2付近)が源流の「上の川」が、豊津駅付近で糸田川に接続し、南西に流れ神崎川に合流している。

 今回は上の川と糸田川の接続地点から、上の川の源流を探しに上流にポタリングした。

 古い地図では、接続地点以北の千里丘陵は、昔は小山だったようだ。

 今は開発されていて、大きな住宅地になっている。

f:id:knakata:20211020200202p:plain

1920年頃の地図)

 ポタリングしている道路、上の川、阪急千里線が平行に並んでいる。

f:id:knakata:20211020200225j:plain

(中央が上の川)

f:id:knakata:20211020200239j:plain

(走って来た方向を振り返る)

 橋に立って写真を撮っていると阪急電車が、豊津駅から走って来た。

 

 線路の向こうは関大だ。

 30年ほど前に、関大でToeicか簿記3級の試験を受けたことを思い出した。(懐かしい)

f:id:knakata:20211020200324j:plain

(関大)

 今度は関大前駅から電車が走って来た。(この路線は本数が多い)

 

 関大前駅(右手)を過ぎると、名神高速道路になる。

 道路と左の駅の間が上の川だ。

f:id:knakata:20211020200452j:plain

(正面が名神高速道路)

f:id:knakata:20211020200508j:plain

(正面が名神高速道路)

 名神高速道路の高架下をくぐる。

f:id:knakata:20211020200636j:plain

名神高速道路)

 名神高速道路を越えて、線路沿いにポタリングする。

 この付近は、上の川は暗渠になっている。

f:id:knakata:20211020200653j:plain

(上の川は道路の下)

 線路を渡ると、また上の川が現れて来た。

f:id:knakata:20211020200713j:plain

(上の川)

 右の住宅の進入路が、上の川にかけられている。

f:id:knakata:20211020200835j:plain

(上の川の上に進入路)

f:id:knakata:20211020200852j:plain

(駐輪場と住宅に挟まれた上の川)

 阪急千里山駅を目前に、上の川は少し広くなった。

f:id:knakata:20211020200914j:plain

(そろそろ上の川がなくなる)

 ここで、上の川は見えなくなった。

 この先の千里丘陵から水が湧き出していると考えて、この付近を源流に決める。

f:id:knakata:20211020200933j:plain

(この先付近が上の川の源流)

 直ぐそばが、阪急千里山駅。(大きな駅だ)

f:id:knakata:20211020200950j:plain

(阪急千里山駅)

 次は、池や林の自然の中に消えていく、優雅な川道をポタリングしたい。

糸田川の源流を探してポタリング

 糸田川は、吹田市の阪急豊津駅付近が源で、南西方向に流れ、南吹田にある五反島公園付近の神崎川に合流する一級河川だ。

 千里丘陵千里山東2付近)が源流の「上の川」が、豊津駅付近で糸田川に接続している。(上の川は、昭和20年頃、糸田川と認識されていたようだ)

f:id:knakata:20211019160916p:plain

ポタリングマップ)

 スタート地点となるのは、神崎川の五反田小橋で、写真の左方向にポタリングする。

f:id:knakata:20211019161026j:plain

(左手前が糸田川・右は神崎川

f:id:knakata:20211019161039j:plain

(スタート地点の五反田小橋)

 五反田小橋から、これからポタリングする北方向の写真を撮る。

 遠方(200m先)に見えるのは、新御堂筋と地下鉄御堂筋線だ。

f:id:knakata:20211019161100j:plain

(糸田川の左側をポタリングする)

 前方を横切るのが新御堂筋と地下鉄御堂筋線だが、一旦糸田川の側道から下りて左側を迂回しないといけない。

f:id:knakata:20211019161129j:plain

新御堂筋と地下鉄新御堂筋線)

 高架下をくぐってから坂道を登り、糸田川の側道に出る。

f:id:knakata:20211019161218j:plain

(自転車を押し上げ)

 糸田川の側道は、きれいに整備されている。

f:id:knakata:20211019161306j:plain

(糸田川側道)

 1kmで、国道479号線(内環状線)に出る。

 ここで糸田川沿いの道から、左手に降りてポタリング

f:id:knakata:20211019161403j:plain

国道479号線(内環状線))

 ここは地下鉄の江坂駅から東1kmにあり、糸田川に沿って吹田市立豊津中学校がある。

f:id:knakata:20211019161427j:plain

(豊津中学校)

 学校の塀際に、「垂水南遺跡」の説明版がある。

 垂水遺跡は、弥生時代に続く、今から1800年くらい前の古墳時代を中心とする集落遺跡だ。

f:id:knakata:20211019161613j:plain

(垂水南遺跡説明板)

f:id:knakata:20211019161623j:plain

(垂水南遺跡説明板)

 このあたりから北は垂水集落で、閑静な住宅街の中で古い面影の家を探し、それらしき建物を写真に収めた。

f:id:knakata:20211019161702j:plain

(垂水集落の建物)

f:id:knakata:20211019161713j:plain

(垂水集落の建物)

f:id:knakata:20211019161725j:plain

(垂水集落の建物)

f:id:knakata:20211019161747j:plain

(垂水集落の建物)

 糸田川の側道に戻る坂道に、「延命地蔵尊」があった。

f:id:knakata:20211019161808j:plain

延命地蔵尊)

 この先、学生の見えるところから、道路から遊歩道に分かれて整備されている。

f:id:knakata:20211019161844j:plain

(遊歩道)

f:id:knakata:20211019161854j:plain

(両側とも遊歩道)

 遊歩道を気持ちよくポタリング

 

 阪急豊津駅までポタリング

 

 豊津交番前で、右奥は阪急豊津駅、左手前は交番だ。

f:id:knakata:20211019162001j:plain

(豊津交番前)

 豊津交番内にある、水路改修工事の「記念碑」だ。

f:id:knakata:20211019162107j:plain

(記念碑)

 豊津駅の西100mの右手に大きなマンションがあるが、その塀の高さ4mの位置に「上の川水路跡」が残されている。

 説明によると、上の川水路は「この場所で同じ大きさと高さ」だったらしい。

f:id:knakata:20211019162210j:plain

(上の川水路跡)

f:id:knakata:20211019162223j:plain

(説明文)

 マンションが立つ前の「上の川水路跡」が右上に見えるが、幅の狭い天井川だったようだ。

 昭和16〜17年の糸田川改修工事で、糸田川はこの位置から東100mの現状位置に移された。(すいた歴史散歩による)

 なお、天井川の土堤は完全に撤去されて、道路(大阪府道145線)になった。

f:id:knakata:20211019162302p:plain

(マンションの壁になる前の本物の上の川水路跡)

 ここから左方向の上流は、糸田川から「上の川」になる。

 

 ⇒糸田川終点から上の川の源流を探してポタリングに続く

吹田街道を服部天神宮からポタリング②

 吹田街道は、阪急宝塚線服部天神駅付近で、南北に走る能勢街道から東に分かれて、吹田の南高浜町に至る。

 ネットで古い地図を探し出して、現在の地図と見比べて、街道の道を想像しながら、前回は阪神高速道路手前まで走った。

 今回は阪神高速道路を越えて、吹田の渡しまでをアップする。

f:id:knakata:20211018083028p:plain

(現在の地図)

f:id:knakata:20211018083041p:plain

(1900年頃の地図)

 阪神高速道路下をくぐり出たところは、昔の街道の姿はまったくない。

f:id:knakata:20211018083104j:plain

阪神高速道路の東側)

 上の写真でも、200m先に新御堂筋の高架が見える。

 新御堂筋の下(ネットの間)をくぐる。

f:id:knakata:20211018083130j:plain

新御堂筋の高架)

 新御堂筋の高架をくぐった所に、新しいがお地蔵さんではあるが、見てホッとする。

f:id:knakata:20211018083226j:plain

(南無延命地蔵菩薩)

 お地蔵さんの前を通って右へ少し行くと、「旌忠記念碑」という大きな石碑があった。

 「旌忠(せいちゅう)」は、国家に対する忠義を表彰することらしい。

f:id:knakata:20211018083246j:plain

(旌忠記念碑)

 裏面には「従軍者、明治39年10月建」とあり、戦争で亡くなられた方々のたくさんの名前があった。

 年代から見て、日露戦争明治37年〜38年)だろうと想像する。

 とにかく戦争は悲惨だ。

f:id:knakata:20211018083317j:plain

(旌忠記念碑の裏面)

 吹田街道の北300mに垂水神社があるが、この北側が「縄文時代の海食崖」とパンフレットに書いてあったので、付近を探してみたがそれらしき跡はなかった。

 ただ、北側全体が小山のように盛り上がっているので、それかなと思った。

f:id:knakata:20211018083339j:plain

(垂水神社)

f:id:knakata:20211018083348j:plain

(垂水神社の長い階段)

f:id:knakata:20211018083437j:plain

(参道途中から振り返る)

 参道を下って、少し遠くから眺めると「海食崖」にも見える。

 この小山の麓の東西に走る部分は、縄文時代前期、海水面の上昇(縄文海進)により誕生した海食崖で、ここが波打ち際だったと推測されている。

 へえ~、こんなところまで海だったのか!

f:id:knakata:20211018083457j:plain

(垂水神社の参道入口)

 参道から一つ東の小道から見ても、小山が続いている。

f:id:knakata:20211018083514j:plain

 (参道から一つ東の小道)

 元の吹田街道に戻ると、「雉子鳴き道(雉子畷)」が横切っている。

 畷(なわて)とは、「田のあいだの道。真っ直ぐな長い道」の意味だ。

 たぶん付近には雉がたくさんいたのだろう。

 そしてそれを記念する石碑が、住宅にひっついて建っている。

f:id:knakata:20211018083612j:plain

 (雉子畷の石碑)

 「ものいわじ 父は長柄の橋柱 雉も鳴かずば 射られざらまし」

 人柱って本当にあったのだろうか?

 ネットで見ると事例がたくさん出ている。

 不合理と言おうか、残酷と言おうか、昔は「平安」は神に祈るだけだったのだろうか?

f:id:knakata:20211018083637j:plain

(雉子畷の悲しい伝説)

 雉子鳴き道から200m行くと、左手に大きなマンションがあるが、その塀の高さ4mの位置に「上の川水路跡」が残されている。

 説明によると、上の川水路はこの場所と大きさと高さだったらしい。

f:id:knakata:20211018083657j:plain

(上の川水路跡)

 地図で調べると、ここから上流が上の川で、下流が糸田川で神崎川に流れ込んでいる。

 近々、神崎川と糸田川の分岐から上流に遡り、上の川に沿って源流を探してみよう。(どんな川か興味が湧いてきた) 

f:id:knakata:20211018083720j:plain

(説明文)

 豊津交番前にある、水路改修工事の「記念碑」だ。

 車の左側が「上の川」だ。

f:id:knakata:20211018083746j:plain

(記念碑)

f:id:knakata:20211018083801j:plain

(説明文)

f:id:knakata:20211018083810j:plain

(豊津交番から北を望む)

 直ぐそばに阪急豊津駅があり、車の交通や人流はけっこう多い。

f:id:knakata:20211018083829j:plain

(阪急豊津駅

 豊津駅から出た所に、「糸田橋石柱」がある。

 上の川と糸田川に関する石碑が多いのは、昔は大きな災害をもたらす大変な川だったのだろう。

f:id:knakata:20211018083850j:plain

(いとだばし石柱)

f:id:knakata:20211018083859j:plain

(説明文)

 ここから古い道と現在の道を見比べながらポタリングしたが、「阪急千里線」と「吹田高架線」と「JR京都線」が入り組んでいて、また大きな「アサヒビールの工場」があり、街道がどれかわからなくなった。

 時間も遅くなったので、適当に写真を撮りながら神崎川を走って帰った。

f:id:knakata:20211018083945j:plain

(泉殿宮)

f:id:knakata:20211018084032j:plain

(大の木と吹田殿阯)

f:id:knakata:20211018084103j:plain

(説明文)

 神崎川近くの川面墓地に「大関松ノ音善蔵」の墓石がある。

 吹田出身で、明治11年に西関脇で、以降大関(当時の最高位)を努めたようだ。(大関が最高位とは知らなかった)

f:id:knakata:20211018084136j:plain

(松ノ音善蔵の墓石)

 

吹田街道を服部天神宮からポタリング①

 吹田街道は、阪急宝塚線服部天神駅付近で、南北に走る能勢街道から東に分かれて、吹田の南高浜町に至る。

 この街道をポタリングするにあたり、古い地図をネットで探し出して、現在の地図と見比べて、街道の道を想像しながら走った。

f:id:knakata:20211016130226p:plain

(現在の地図)

 古い地図では、村表示になっているとともに、ほとんどが田んぼで、集落が所々にある。

 吹田は「吹田町」になっていて民家が多く、当時は大変栄えていたことがわかる。

f:id:knakata:20211016130250p:plain

(1900年頃の地図)

 176号線を挟んで、足の神様「服部天神宮」がスタート地点だ。

f:id:knakata:20211016130324j:plain

(服部天神宮)

 南北に走る能勢街道からの分岐地点で、左横に見えるのが「能勢街道」で、子供の歩く右方向が「吹田街道」だ。

f:id:knakata:20211016130342j:plain

能勢街道と吹田街道)

 左右の道路が176号線で、真っ直ぐ行くのが吹田街道だ。

f:id:knakata:20211016130401j:plain

(176号線と吹田街道)

 300mで住吉神社だ。

 古い地図には小曽根、稲荷神社と書いてあり、大きな集落だったようだ。

f:id:knakata:20211016130422j:plain

(稲荷神社)

 稲荷神社の中の参道を、北に200mポタリングする。

 自転車を押し歩こうかと思ったが、両サイドは住宅で車が出入りしてるので、自転車に乗って走った。

f:id:knakata:20211016130444j:plain

(稲荷神社の参道)

f:id:knakata:20211016130455j:plain

(参道の途中)

 参道をそれて、横道を行くと国道479号線に出た。

f:id:knakata:20211016130516j:plain

(正面が来た道)

 当然だが、国道479号線も、昔は来た道のように細い道だったようだ。(昔の道幅を想像すると楽しい)

f:id:knakata:20211016130541j:plain

国道479号線

 たぶん、中央の真っ直ぐな細い道が吹田街道と思うが、国道479号線を左へ行く。

f:id:knakata:20211016130601j:plain

(真っ直ぐが吹田街道)

 500mで高川トンネルを通る。

 コンクリートの上が、天竺川(天井川)になっている。

f:id:knakata:20211016130740j:plain

(正面が高川トンネルで、コンクリートの天竺川)

 天竺川を越えると吹田市だ。

 国道479号線は右に行くが、古い地図では、吹田街道はバス停の標識の少し先を左に入っていく。

 新しい地図だけでは、国道479号線を進んでいただろう。

f:id:knakata:20211016130801j:plain

吹田市

f:id:knakata:20211016130811j:plain

(左が吹田街道)

 少し進んで道を越えると、左に道標が建っている。

 「右かちおじ」と彫られているが、右は吹田なので、ガス工事の際に、90度方向を変えて設置されたものと思われる。

f:id:knakata:20211016130835j:plain

(道標)

 ここから200m先に、ふたつの道標がある。

 ひとつは「榎坂(えさか)西道標」で、もう一つは「榎坂東道標」だ。

 かつては榎坂という地名だったが、文字はパソコンで出てこなかった。(今は江坂だ)

 なお、古い地図には「榎阪」と書いてある。(坂⇒阪)

f:id:knakata:20211016130911j:plain

(榎坂西道標)

f:id:knakata:20211016130920j:plain

(説明板)

f:id:knakata:20211016130929j:plain

(榎坂東道標)

f:id:knakata:20211016130945j:plain

(説明板)

 街道沿いには、立派な屋敷が改築されながらも残されている。

f:id:knakata:20211016131023j:plain

(立派な屋敷)

 前に「名神高速道路」が見えてきた。

 当然ながら、昔はなかったので、吹田街道はまっすぐ続いていた。

 今は、左右どちらかに迂回しなければいけない。

f:id:knakata:20211016131049j:plain

(正面は名神高速道路)

 名神高速道路をくぐる。

f:id:knakata:20211016131105j:plain

名神高速道路)

 吹田街道を服部天神宮からポタリング②に続く

 

新旧能勢街道を、豊中から石橋まで往復ポタリング

 旧能勢街道(地図の青色線)の折返し地点の1km手前まで、前回のブログにアップしたので、今回はそこからゴールまでをアップする。

f:id:knakata:20211015085521p:plain

ポタリング地図)

 中国縦貫自動車道が、吹田~池田間でリニューアル工事中のため、側道の大阪中央環状線は大渋滞だった。

f:id:knakata:20211015085609j:plain

(左/大渋滞の大阪中央環状線

 その大渋滞を横目に、国道176号線を渡って、細い道を行く。

f:id:knakata:20211015085629j:plain

国道176号線を渡ると細い道が見える)

 細い道はもう少し続くが、阪急宝塚線と並行する。

f:id:knakata:20211015085649j:plain

(左は阪急宝塚線の架線)

 個人の家の中に、「保存樹木等指定標識」がある。

 指定日が平成8年と、比較的新しい。

f:id:knakata:20211015085734j:plain

(保存樹木等指定標識)

 100mで、阪急宝塚線の踏切に出た。

 ラッキーにも電車が通ったので、ビデオに収めた。

 

 踏切を渡り300m行くと、石橋の商店街入り口だ。

f:id:knakata:20211015085808j:plain

(商店街入り口)

 コロナ患者が少なくなったが、ほとんどの人はマスクをしているので、遠慮なくビデオを撮った。

 (顔が映れば、ぼかす必要がある)

 

 商店街の中は、自転車を押し歩きだ。

 最近コロナが激減したためか、人出が増えている気がする。

 (商店街は人手が多く、賑やかでないと寂しい)

 

 

 箕面川を渡るところで、商店街は終わる。

 

 正面に見える赤い橋は箕面川にかかっている。

 このあたりから引き返すことにした。

f:id:knakata:20211002164222p:plain

 石橋商店街を出て、振り返って写真を撮った。

 「歴史の道 ここは能勢街道」の看板が面白い。

 ここから「新能勢街道」を引き返す。

f:id:knakata:20211015085922j:plain

(商店街を振り返った)

f:id:knakata:20211015085934j:plain

(歴史の道 ここは能勢街道

 能勢街道の案内図には、池田を超えて続く道が描かれている。

 季節が良くなれば、ここから1日かけて自転車で走ろうかともふと思った。

f:id:knakata:20211015085959j:plain

能勢街道案内図)

 商店街をバックして、帰りの道を気持ちよくゆっくりとポタリング

 

 来たときは、中央奥の小道(旧能勢街道)から出てきて踏み切りを渡った。

 帰りは信号を渡らずに右の道(新能勢街道)を行く。

f:id:knakata:20211015090134j:plain

(新旧能勢街道の分かれ道)

 1kmでモノレールと並走する場所に来た。

f:id:knakata:20211015090200j:plain

(モノレール)

 さらに1km行くと、阪急蛍池駅のすぐ西に、麻田藩陣屋跡の石碑がある。

f:id:knakata:20211015090224j:plain

麻田藩陣屋跡の石碑)

f:id:knakata:20211015090233j:plain

(説明板)

 300m行くとモノレールの奥に、樹木で覆われた「御神山(ごしんざん)古墳」が見える。(そばにはいけない)

f:id:knakata:20211015090301j:plain

(御神山古墳)

 千里川を渡る。

 ゴールは間近だ。

f:id:knakata:20211015090326j:plain

(千里川)

 千里川から500mに、高校野球メモリアルパークがある。

 周辺は住宅地になっていて、小さなスペースでしか残されていない。

f:id:knakata:20211015090346j:plain

高校野球メモリアルパーク

f:id:knakata:20211015090356j:plain

(この塀は後ろの住宅と共用されている)

f:id:knakata:20211015090411j:plain

(歴史ここに始まる)

 阪急豊中駅の西側(裏)に戻ってきた。

f:id:knakata:20211015090458j:plain

豊中駅

f:id:knakata:20211015090522j:plain

(ゴール/スタートした栄地蔵)